MENU

ノンフライヤーのデメリットは?後悔したくない人に向けて徹底解説!

ノンフライヤー

ノンフライヤーが気になっているけれど、本当に油はいらないのだろうか

どのようなデメリットがあるのだろう

ノンフライヤーを購入しようか悩んでいる方の中には、このような疑問を浮かべている方もいらっしゃるかもしれません。

ノンフライヤーは、油を使わずに揚げ物が作れるという魔法のような調理器具です。

しかし、「物足りなく感じる」「置き場所に困る」などいくつかデメリットもあります。

本記事では、ノンフライヤーを購入しようか迷っている方へデメリットやメリット、おすすめのノンフライヤーを紹介します。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

ノンフライヤーのデメリット

初めに、ノンフライヤーのデメリットを見ていきましょう。

  • 本物の揚げ物より物足りない
  • 置き場所に困る
  • 一度に作れる量が少ない

1つずつ解説していきます。

本物の揚げ物より物足りない

https://twitter.com/ruri_yukisiro/status/1533053327269052416

ノンフライヤーで調理した場合、本来の揚げ物が持つオイリー感やボリューム感が味わえず、物足りないと感じる人もいます。

ノンフライヤーは食材そのものの油を使って調理するため、どうしても本物の脂っこさには敵いません。

調理前の食材に少し油を足すことで、物足りなさが解消される可能性はあります。

置き場所に困る

ノンフライヤーはさまざまなメーカーから販売されていますが、どれも基本的に大きいため、置き場所に困ってしまいがちです。

口コミにもある通り、置き場所を確保するために模様替えをしている方もいます。

電子レンジや冷蔵庫のように毎日使うものではないため、必要なとき以外はしまっておくなどして上手く使っていくのがベストです。

しまい方によっては、使うたびに出さなければならないという面倒さを感じるかもしれませんが、繰り返しているうちに慣れてきます。

一度に作れる量が少ない

ノンフライヤーはバスケットに入る分しか作れないため、家族が多いご家庭からすると少なく感じてしまいます。

1人暮らしの場合は一度に作れる量が少なくても問題ないですが、複数人の場合は複数回に分けてつくらなくてはいけません。

一度にたくさん作れないとなると、その分調理に時間がかかってしまいます。

一度に調理できる量、つまりノンフライヤーの容量も考慮して購入することをおすすめします。

ノンフライヤーのメリット

次に、ノンフライヤーの以下4つのメリットを解説していきます。

  • ヘルシーな揚げ物が食べられる
  • 簡単に揚げ物が作れる
  • 油ハネがない
  • 片づけが楽

ヘルシーな揚げ物が食べられる

ノンフライヤーの大きなメリットは、やはりヘルシーな揚げ物が食べられることです。

ノンフライヤーは食材そのものの油だけを使って調理するため、揚げ物などの料理がヘルシーに仕上がります。

フィリップスの公式HPによると、通常通り油で揚げるよりも唐揚げが-92kcal、とんかつが-176kcal、コロッケが-164kcalになります。

油物はどうしてもカロリーが高くなるものです。

ノンフライヤーを利用すれば極度に気にする必要がなくなりますし、ダイエット効果も期待できます。

簡単に揚げ物が作れる

ノンフライヤーは調理が簡単です。

バスケットに食材を入れて、温度と時間を設定して後は待つだけで揚げ物ができます。

タイマーが鳴ったらバスケットを開けて食材を取り出し、盛り付けて完成です。

火加減を見たり、食材を油の中から出したりといった作業が発生しません。

揚げている間に洗い物など別のことができて、家事の効率がアップします。

また、近年は共働きの家庭も多いため、帰って来てから休む間もなく料理の準備に追われることは日常茶飯事です。

ノンフライヤーがあれば、夕飯の主役となる唐揚げやコロッケなどのおかずが簡単に作れるため、仕事がある普段の日でも揚げ物が楽しめます。

油ハネがない

ノンフライヤーは、油ハネの心配がいりません。

揚げ物を作っていて、ハネた油で軽く火傷をしたことがある人は多いと思います。

軽くとも火傷は嫌だからと、揚げ物を作りたくても避けているという方もいるのではないでしょうか。

ノンフライヤーなら油を使わずに揚げ物が作れるため、火傷もしません。

また、油ハネの心配がなければ、子供がいても安心です。

更に、油ハネがなければ周りも綺麗なため、拭き掃除の手間も省けます

片づけが楽

片づけが楽であることも、ノンフライヤーのメリットです。

揚げ物はどうしても片づけが面倒に感じてしまいます。

油でギトギトになった鍋や調理器具を洗ったり、油跳ねした周辺を拭いたりなど大変な作業です。

しかし、ノンフライヤーならフライヤーを洗うだけで済みます。

片づけの時間を減らせられれば、減った分ちょっとお茶をしたり別の家事をしたりなど、時間を効率よく使えるためおすすめです。

ノンフライヤーとエアフライヤーの違い

ノンフライヤーとエアフライヤーは同じです。

もっと細かく正確にいうと、ノンフライヤーもエアフライヤーも「ノーオイルフライヤー」の一種になります。

ノーオイルフライヤーとは、食材に含まれる油と水分で揚げ物を作れる調理器具のことです。

高温の空気を高速で循環させて調理するという仕組みになっています。

同じなのに呼び名が複数あるという事実の始まりは、「エアフライヤー」という商品の誕生です。

2010年にフィリップスという会社が販売したもので、2013年にフィリップスの日本法人の会社が「ノンフライヤー」の名称で販売を開始しました。

それからは他の会社でも、ノーオイルフライヤーやエアフライヤー、ノンオイルフライヤーなどいろいろな商品名で商品を開発し、発売しています。

なので、ノンフライヤーもエアフライヤーも同じものとして考えて問題ありません。

ノンフライヤーのおすすめメーカーはどれ?

ノンフライヤーはさまざまなメーカーが販売しているため、購入しようと思っても迷ってしまいがちです。

中でも、筆者がおすすめしたい以下3社のノンフライヤーを紹介します。

  • COSORI
  • Epeios
  • ライソン

COSORI

従来の油分を80%までカットしてくれるフライヤーです。

食べ物の栄養成分も逃がしにくく、油分を気にすることなくヘルシーな揚げ物がつくれます。

容量が3.5Lと多いため、家族での使用にもぴったりです。

また、デザインもタッチパネル式でおしゃれなものとなっており、キッチンに馴染みやすいため常備しておきやすくなっています。

30品のレシピが載った本もついているため、ノンフライヤーが届いたらすぐに調理を楽しめるのもポイントです。

Epeios

朝の情報番組でも紹介されたノンフライヤーです。

中が棚のようになっており、3段で重ねて調理可能なため、効率的に揚げ物が作れます。

透明なガラス扉になっているため、食材の調理状態も一目瞭然です。

更に、220°の熱風によって食材を包み込んで仕上げるため、一般的なオーブンに比べて30分以上も調理時間を短縮させられるのも魅力です。

また、ノンフライヤーにしては珍しく14Lと大容量のため、家族が多い方やたくさん食べる子供がいるご家庭にぴったりです。

高級感あふれるスタイリッシュなデザインになっているため、インテリアとしても楽しめます。

ライソン

熱風調理で油を使わないため、ヘルシーに揚げ物を仕上げられます。

まるで揚げたてのようなサクサク食感なのが特徴で、特に唐揚げやフライドポテトにぴったりです。

容量が1Lのため、1人暮らしの人やちょっとした揚げ物料理を楽しみたい人におすすめです。

A4サイズのスペースがあれば置けるコンパクトサイズとなっています。

デザインはシンプルですが飽きが来にくく、長く使いやすいのも魅力です。

また、バスケットは取り外して丸洗いができるため、片付けも楽にできます。

ノンフライヤーに関するよくある質問

ここからは、ノンフライヤーに関するよくある質問にお答えします。

  • ノンフライヤーの危険性は?
  • ノンフライヤーを買うと後悔する?
  • ノンフライヤーは買うべき?

ノンフライヤーの危険性は?

ノンフライヤーは、油で揚げるよりも危険性はとても低いです。

油で揚げる場合は、少しでも目を離すと大惨事になりかねません。

家庭では温度調節も難しいことから、知らず知らずのうちに高温になっているため、何かに引火すると大変なことになります。

また、油ハネも火傷する可能性があるため危険です。

更に、急に子供が急に足元へ抱きついてきたり、体当たりしてきたりといったこともあるため、小さいお子さんがいるご家庭も揚げ物をつくることに怖さを感じてしまいます。

ノンフライヤーであれば、油で揚げることで考えられる危険から回避できます。

ノンフライヤーを買うと後悔する?

普段働いていることから料理の時間を短縮させたい外食費を抑えたいと考えている方にとっては買っても後悔しません。

仕事が終わって疲れて帰ってきてから料理を作るのは大変です。

かといって外食が多いとお金もかかりますし、似たような料理ばかりだと飽きてしまいます。

ノンフライヤーがあれば食事の準備も楽になり、手軽におかずが一品できます。

外食費の削減にもつながり、お惣菜の温め直しなどもできて便利です。

ただ、家事自体は楽になっても、置き場に困って後悔する方も少なくないため、場所を確保した上で買うことをおすすめします。

ノンフライヤーは買うべき?

ノンフライヤーは、お子さんがいる方・共働きのご家庭・健康を意識している方・自炊が好きな方は買うべきです。

揚げ物はなかなか目が離せない料理ですが、ノンフライヤーであれば目を離しても大丈夫なので、お子さんを優先できます。

共働きで二人とも忙しいというご家庭は、夕ご飯はスーパーで買ったものを温めて食べることも多いのではないでしょうか。

ノンフライヤーで温めれば、グッと食材の質が上がります。

更に油を余分に使わないノンフライヤーを使えば、カロリーをグッと下げられるため、健康を意識している方にもぴったりです。

自炊が好きな方は、ノンフライヤーひとつあればさまざまな料理が楽しめます。

まとめ:ノンフライヤーのデメリットを徹底解説!

改めて、ノンフライヤーのデメリットをおさらいします。

  • 本物の揚げ物より物足りない
  • 置き場所に困る
  • 一度に作れる量が少ない

食材に含まれている油のみを使用するため、本来の揚げ物よりは物足りなく感じるかもしれません。

調理前の食材に少し油を足してみるなど、工夫をしてみてください。

楽に揚げ物を作りたい、少しでも楽におかずを一品作りたいと考えているのであれば、ぜひ本記事を参考にノンフライヤーを選んでみてください。

購入前には置き場所の確保や大きさの確認を忘れないでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次