MENU

飲む日焼け止めのデメリットは?買って後悔したくない人に向けて徹底解説!

飲む日焼け止めが気になるけど、実際どうなの?デメリットは?

おすすめの飲む日焼け止めを知りたい!

こんなお悩みをおもちではありませんか?

欧米など紫外線の強い地域で、90年代後半ごろから使われるようになった“飲む日焼け止め”

日本においても、製薬メーカーが開発に携わるなど飲む日焼け止め市場は大きく拡大しています。

結論からいうと、飲む日焼け止めに日焼け防止効果はほとんどありません

飲む日焼け止めの役割は、紫外線から受ける肌ダメージを緩和し、シミやシワの原因を抑えることだからです。

この記事では、飲む日焼け止めのデメリットやメリット、おすすめの商品について分かりやすく解説します。

飲む日焼け止めを買って後悔したくない方はぜひ参考にしてください。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

当メディアは国民生活センター/消費者庁/厚生労働省を参考に記事を作成し、最新情報と記事の正確性を検証しています。

飲む日焼け止めのデメリット

はじめに、飲む日焼け止めのデメリットを見ていきましょう。

飲むことで体の内側から日焼け対策ができる”飲む日焼け止め”。

手軽にUVケアができる飲む日焼け止めですが、以下のようなデメリットがあります。

  • 日焼け防止効果は不十分
  • 即効性は期待できない
  • 安全性が心配

1つずつ詳しく解説します。

日焼け防止効果は不十分

飲む日焼け止めは、日焼けを防止する科学的な根拠は乏しいのが現実です。

そもそも飲む日焼け止めは、日焼けを防止するのではなく紫外線から受ける肌ダメージを軽減するのが本来の目的。

飲む日焼け止めを服用しても、生活する中で当然紫外線は肌に当たり、肌の表面は赤くなる、ヒリヒリするなどダメージを受けます。

”飲むだけで紫外線対策が十分にできるわけではない”ことをしっかりと理解したうえで使用しましょう。

服用する際は、日焼け止めクリームや日傘、UVカット素材の上着を羽織るなど肌の表面を守るものと併用してください。

即効性は期待できない

飲む日焼け止めに即効性は期待できないため、外出前にサッと飲んでも日焼け対策にはなりません。

飲む日焼け止めはあくまで補助的な役割。

そのため、継続的に服用することではじめて十分な効果を得られるようになるのです。

安全性が心配

飲む日焼け止めは口に入れるものなので、その安全性に不安を覚える方も多いはず。

飲んでも大丈夫なのか心配になってしまいますよね。

確かに、主に通販で販売されている商品の中には、安全性が不安なものもあります。

商品を選ぶ際は、生産国製造国が明記されているかをよく確認しましょう。

また、製品が安全に作られ一定の品質が保たれていることを示したGMPマークや、行政機関が安全性を認めた機能性表示食品を選ぶと、より安心して服用できますよ。

アレルギー成分が気になる方は、購入前にパッケージなどの記載を十分確認しましょう。

飲む日焼け止めのメリット

次に、飲む日焼け止めのメリットを紹介します。

  • 肌の内側から日焼け対策ができる
  • 美容効果も期待できる
  • 日焼け止めクリームを塗りにくい部位もカバーできる

1つずつ詳しく解説します。

肌の内側から日焼け対策ができる

飲む日焼け止めを服用することで、肌の内部から日焼け対策が可能に。

紫外線を浴びると、肌は損傷し老化の原因となる物質が生成されます。

その結果、シミやシワができたり肌が黒くなってしまうのです。

飲む日焼け止めには、老化の原因を抑える成分が含まれているため、肌内部から日焼けダメージを緩和できます。

美容効果も期待できる

商品によって異なりますが、UVケア以外に美容効果も期待できます。

肌のバリア機能を内部から高めてくれるため、キメが整い潤いと弾力のあるお肌を手に入れられますよ。

UVケアと同時に美容効果も得られるのは、一石二鳥で魅力的です。

日焼け止めクリームを塗りにくい部位もカバーできる

飲む日焼け止めには、細日焼け止めクリームでは塗りにくい細かい部分をカバーする効果も。

紫外線をカバーしようとすると、体全体にクリームを塗りたくならないといけません。

ただ、飲む日焼け止めはあくまでも肌内部のケアに効果があるものです。

肌表面のダメージはケアできませんので、必要に応じてリップクリームやサングラス、帽子なども合わせて使用しましょう。

飲む日焼け止めの評判・口コミ

3.3
Rated 3.3 out of 5
5つ星中3.3つ星(6件のレビューに基づく)
最高0%
良かった50%
ふつう33%
いまいち17%
最悪0%
スクロールできます

50代男性
満足度:
メリット:
飲めば日焼け止め効果を得られるので、塗りタイプのように塗る手間がないのは凄く便利です。
あと塗るタイプと違って飲めば身体全部に効果を及ぼすので、塗り忘れ等もないのが助かります。
あとは汗をかいても効果が消えない点です。暑い時期は大助かりです。
デメリット:
悪いと感じたのは二点あります。
一つ目は塗るタイプより効果が弱い点です。
何もしないよりはもちろんマシなんですが、塗るタイプ程の日焼け止め効果は感じられませんでした。
二つ目は即効性がない点です。
飲んですぐ効果が発揮されるわけではないので、予め飲んでおかないとダメ。
急に海へ行こう!となった場合、飲む日焼け止めだと対応できません。

40代男性
満足度:
メリット:
出歩く時間が短ければいちいち日焼け止めを塗らなくて良いので楽なのが良い点だと思います。塗り残しなどの心配もありませんし、ただ飲むだけなので手間も時間も掛からず、忙しい朝には時短になるので助かっています。
デメリット:
白髪が多くなった気がします。白髪が多くなった事に直接関係するのかは分かりませんが、飲み始める前と比べて白髪が目立つというか、頭全体的に生えてくるようになったと感じています。また、効果が短いので長時間の外出時には向かないというのも悪い点だと思います。

20代女性
満足度:
メリット:
肌に塗るタイプの日焼け止めだと、髪についたり服についたりでキシキシしたり、ポロポロ白いのが出てきたりすることがありますが飲む日焼け止めならそのストレスが0ですし、塗る時間もなくなり荷物にもならないのが一番のメリットだと感じました。
デメリット:
実際本当に日焼け止めの効果が出ているのか、半分だけ日焼け止めを塗るとかができない分、不安があります。なので結局は飲む日焼け止めプラス塗る日焼け止めを使用している方がほとんどかと思います。私も両方使っていたのでかなりコスパは悪かったです。他にはございません。

40代女性
満足度:
メリット:
リキッドなどの日やけどめだと、外出先で塗り直したりするのが面倒ですが、飲む日焼け止めは、持ち運びするのが楽で、いつでもどこでも飲むことができるのが嬉しいです。またリキッドのようにベタついたり白く浮いたりすることもないので見た目が影響されないで身体の中からUVケアできるのが最高です。
デメリット:
毎日摂取するにはk、かなり高いと感じました。もう少し安いといいです。他には日焼け止めの効果については、これだけで100パーセント防止できるわけではないようなので、それが残念なところです。あくまでも単体での使用ではなくて、日焼け止めクリームと併用というのが、少し不満です

20代女性
満足度:
メリット:
塗るタイプの日焼け止めより効果が長持ちするので、何度も塗り直さなくていいこと、塗り忘れによる日焼けが少ないことが良い点だと感じました。また、塗るタイプの日焼け止めだと塗布後に肌が乾燥したり肌が荒れたりすることがあったのですが、そのような肌への負担が少ないところも良い点だと感じました。
デメリット:
家に置いていたので、飲み忘れたことを外出後に気づくことが度々あり、継続が難しかったです。また、塗る日焼け止めに比べて、値段が高いものが多かったこともあり、より継続して買うというのが難しかったように思います。

10代女性
満足度:
メリット:
塗るタイプの日焼け止めに比べ、乾かす時間を確保する必要はなく、塗る手間がない分時短になり、飲むタイプの方が手軽さが高いため、全体的にコスパが良いと思われる。また、塗るタイプや日傘などは外側からの紫外線対策だが、飲むタイプは内側から防止するものであるため、外側からの防止だけではカバーできない部分までの防止効果を期待できることで、外へ出かける億劫さが少なくなる。また、日焼け止めは数時間後に塗りなおす必要があり、その際服や手の汚れやメイク崩れの可能性が高いが、飲むタイプは水さえあればすぐに補給できる。
デメリット:
一番の欠点として感じたのは、効果を目に見える形で感じることができない部分であると考える。日焼け止めはどこに塗ったか目で分かるが、飲む日焼け止めは、体内で浸透するものであるため、飲んだという事実から安心感を感じることはできるが、その効果を証明する要素があまり実感できない。また、飲む日焼け止めは一種の薬であるため、自身の体にどのような副作用が出るかが飲んでみないと分からない部分は不安要素として挙げられると考える。

クラウドワークス口コミ投稿フォームからの口コミになります。

おすすめの飲む日焼け止め

これまで飲む日焼け止めのデメリット・メリットを解説しました。

ここからは、デメリット・メリットを踏まえたおすすめの商品を紹介します。

  • ロート製薬 ヘリオホワイト
  • WHITH WHITE(フィス ホワイト) 飲む 太陽対策

ロート製薬 ヘリオホワイト

世界60カ国以上で発売されているヘリオホワイト。

抗酸化作用のあるファーンブロックを1粒あたり240mg配合。

日焼けによるシミやシワ、色素沈着の予防に役立ちます。

また、美容を支える2種のビタミンやハトムギエキスを含有しているため、服用することで美容効果も期待できますよ。

錠剤は小粒タイプ飲みやすいため、負担なく継続できるでしょう。

高いUVケア効果を期待している方におすすめの商品です。

WHITH WHITE(フィス ホワイト) 飲む 太陽対策

美白化粧品の開発者がこだわって開発した、美容効果を徹底追求した商品です。

含まれる内容はすべて高級なものだけを使用。

栄養素をたっぷりと含み、肌を活性化させ高い美白効果が期待できます。

また、品質が一定で安全性の高いGMP認定商品のため、安心して服用できますよ。

UVケアと同時に、高い美容成分をお求めの方にうってつけの商品です。

飲む日焼け止めに関するよくある質問

飲む日焼け止めに関するよくある質問にお答えします。

飲む日焼け止めの効果が持続する時間は?

商品によって数時間〜24時間と持続時間は異なります。

それぞれの商品によって、持続時間は様々のため、購入前にしっかりと確認しましょう。

飲む日焼け止めは意味ない?

肌内部のUVケアや美容に有効です。

飲む日焼け止めには、シミやシワを予防する効果があります。

また、多くの商品は美容成分を含んでいるため高い美容効果も期待できます。

ただ、肌の表面は紫外線によるダメージを受けるため日焼け止めクリームや日傘などと併用しましょう。

まとめ:飲む日焼け止めのデメリットを徹底解説!

飲む日焼け止めのデメリット・メリット、よくある質問にお答えしました。

飲む日焼け止めのデメリットはこちら。

  • 日焼け防止効果は不十分
  • 即効性は期待できない
  • 安全性が心配

デメリットをよく知った上で飲む日焼け止めを使って、肌内部まで紫外線ケアを試してみましょう。

該当商品やサービスの口コミは「口コミ投稿フォーム」にてお聞かせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次