MENU

飲む日焼け止めのデメリットは?買って後悔したくない人に向けて徹底解説!

飲む日焼け止めが気になるけど、実際どうなの?デメリットは?

おすすめの飲む日焼け止めを知りたい!

こんなお悩みをおもちではありませんか?

欧米など紫外線の強い地域で、90年代後半ごろから使われるようになった“飲む日焼け止め”

日本においても、製薬メーカーが開発に携わるなど飲む日焼け止め市場は大きく拡大しています。

結論からいうと、飲む日焼け止めに日焼け防止効果はほとんどありません

飲む日焼け止めの役割は、紫外線から受ける肌ダメージを緩和し、シミやシワの原因を抑えることだからです。

この記事では、飲む日焼け止めのデメリットやメリット、おすすめの商品について分かりやすく解説します。

飲む日焼け止めを買って後悔したくない方はぜひ参考にしてください。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

飲む日焼け止めのデメリット

はじめに、飲む日焼け止めのデメリットを見ていきましょう。

飲むことで体の内側から日焼け対策ができる”飲む日焼け止め”。

手軽にUVケアができる飲む日焼け止めですが、以下のようなデメリットがあります。

  • 日焼け防止効果は不十分
  • 即効性は期待できない
  • 安全性が心配

1つずつ詳しく解説します。

日焼け防止効果は不十分

飲む日焼け止めは、日焼けを防止する科学的な根拠は乏しいのが現実です。

そもそも飲む日焼け止めは、日焼けを防止するのではなく紫外線から受ける肌ダメージを軽減するのが本来の目的。

飲む日焼け止めを服用しても、生活する中で当然紫外線は肌に当たり、肌の表面は赤くなる、ヒリヒリするなどダメージを受けます。

”飲むだけで紫外線対策が十分にできるわけではない”ことをしっかりと理解したうえで使用しましょう。

服用する際は、日焼け止めクリームや日傘、UVカット素材の上着を羽織るなど肌の表面を守るものと併用してください。

即効性は期待できない

飲む日焼け止めに即効性は期待できないため、外出前にサッと飲んでも日焼け対策にはなりません。

飲む日焼け止めはあくまで補助的な役割。

そのため、継続的に服用することではじめて十分な効果を得られるようになるのです。

安全性が心配

飲む日焼け止めは口に入れるものなので、その安全性に不安を覚える方も多いはず。

飲んでも大丈夫なのか心配になってしまいますよね。

確かに、主に通販で販売されている商品の中には、安全性が不安なものもあります。

商品を選ぶ際は、生産国製造国が明記されているかをよく確認しましょう。

また、製品が安全に作られ一定の品質が保たれていることを示したGMPマークや、行政機関が安全性を認めた機能性表示食品を選ぶと、より安心して服用できますよ。

アレルギー成分が気になる方は、購入前にパッケージなどの記載を十分確認しましょう。

飲む日焼け止めのメリット

次に、飲む日焼け止めのメリットを紹介します。

  • 肌の内側から日焼け対策ができる
  • 美容効果も期待できる
  • 日焼け止めクリームを塗りにくい部位もカバーできる

1つずつ詳しく解説します。

肌の内側から日焼け対策ができる

飲む日焼け止めを服用することで、肌の内部から日焼け対策が可能に。

紫外線を浴びると、肌は損傷し老化の原因となる物質が生成されます。

その結果、シミやシワができたり肌が黒くなってしまうのです。

飲む日焼け止めには、老化の原因を抑える成分が含まれているため、肌内部から日焼けダメージを緩和できます。

美容効果も期待できる

商品によって異なりますが、UVケア以外に美容効果も期待できます。

肌のバリア機能を内部から高めてくれるため、キメが整い潤いと弾力のあるお肌を手に入れられますよ。

UVケアと同時に美容効果も得られるのは、一石二鳥で魅力的です。

日焼け止めクリームを塗りにくい部位もカバーできる

飲む日焼け止めには、細日焼け止めクリームでは塗りにくい細かい部分をカバーする効果も。

紫外線をカバーしようとすると、体全体にクリームを塗りたくならないといけません。

ただ、飲む日焼け止めはあくまでも肌内部のケアに効果があるものです。

肌表面のダメージはケアできませんので、必要に応じてリップクリームやサングラス、帽子なども合わせて使用しましょう。

おすすめの飲む日焼け止め

これまで飲む日焼け止めのデメリット・メリットを解説しました。

ここからは、デメリット・メリットを踏まえたおすすめの商品を紹介します。

  • ロート製薬 ヘリオホワイト
  • WHITH WHITE(フィス ホワイト) 飲む 太陽対策

ロート製薬 ヘリオホワイト

世界60カ国以上で発売されているヘリオホワイト。

抗酸化作用のあるファーンブロックを1粒あたり240mg配合。

日焼けによるシミやシワ、色素沈着の予防に役立ちます。

また、美容を支える2種のビタミンやハトムギエキスを含有しているため、服用することで美容効果も期待できますよ。

錠剤は小粒タイプ飲みやすいため、負担なく継続できるでしょう。

高いUVケア効果を期待している方におすすめの商品です。

コジマ楽天市場店
¥5,832 (2022/06/05 19:57時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

WHITH WHITE(フィス ホワイト) 飲む 太陽対策

美白化粧品の開発者がこだわって開発した、美容効果を徹底追求した商品です。

含まれる内容はすべて高級なものだけを使用。

栄養素をたっぷりと含み、肌を活性化させ高い美白効果が期待できます。

また、品質が一定で安全性の高いGMP認定商品のため、安心して服用できますよ。

UVケアと同時に、高い美容成分をお求めの方にうってつけの商品です。

飲む日焼け止めに関するよくある質問

飲む日焼け止めに関するよくある質問にお答えします。

飲む日焼け止めの効果が持続する時間は?

商品によって数時間〜24時間と持続時間は異なります。

それぞれの商品によって、持続時間は様々のため、購入前にしっかりと確認しましょう。

飲む日焼け止めは意味ない?

肌内部のUVケアや美容に有効です。

飲む日焼け止めには、シミやシワを予防する効果があります。

また、多くの商品は美容成分を含んでいるため高い美容効果も期待できます。

ただ、肌の表面は紫外線によるダメージを受けるため日焼け止めクリームや日傘などと併用しましょう。

まとめ:飲む日焼け止めのデメリットを徹底解説!

飲む日焼け止めのデメリット・メリット、よくある質問にお答えしました。

飲む日焼け止めのデメリットはこちら。

  • 日焼け防止効果は不十分
  • 即効性は期待できない
  • 安全性が心配

デメリットをよく知った上で飲む日焼け止めを使って、肌内部まで紫外線ケアを試してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる