MENU

室外機カバーのデメリット・注意点は?買って後悔しないために徹底解説!

室外機カバーのデメリット・注意点は?買って後悔しないために徹底解説!

※本記事にはプロモーションが含まれています。

「エアコンの室外機カバーっていいの?」

「デメリットはないのだろうか」

エアコンの室外機カバーを買うべきか悩んでいる方の中には、このような疑問を浮かべている方もいらっしゃるかもしれません。

エアコンの室外機カバーとは、文字通りエアコンの室外機を覆うためのカバーです。

「悪天候や外からの衝撃から守れる」「室外機をおしゃれにできる」などのメリットがある一方で「エアコンの効果が下がる」「室外機の汚れが落ちない」などの声もあります。

本記事では、エアコンの室外機にカバーをつけるデメリットやメリット、おすすめの室外機カバーを紹介します。

本記事を読むことで、エアコンの室外機カバーを買うべきかどうか、買っても後悔しないかがわかるため、ぜひ最後までご覧ください。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
当メディアは国民生活センター/消費者庁/厚生労働省を参考に記事を作成し、最新情報と記事の正確性を検証しています。

エアコンの室外機にカバーをつけるデメリット・注意点

注意

初めに、エアコンの室外機にカバーをつけるデメリットを見ていきましょう。

  • エアコンの機能が落ちる
  • 汚れが落とせない

エアコンの機能が落ちる

室外機全体を覆い隠すタイプのカバーをつけると、エアコンの機能が落ちてしまうことがあります。

カバーで室外機をすべて覆ってしまうと、熱がうまく排出できずに冷やす効果が低下してしまうのです。

また、熱を何とか排出しようとエアコンも頑張るため、余計な電気代がかかってしまいます。

かといって、エアコンを使うたびにカバーを外すのは現実的ではありません。

近年では夏場も冬場も、家にいれば常にエアコンを利用しますし、使う・消すたびにカバーを取り外しするのはとても面倒です。

室外機の上だけを覆って日よけするタイプであれば、エアコンの機能を大きく落としません。

室外機にカバーをつけるなら、エアコンの本来の機能を低下させないよう注意が必要です。

汚れが落とせない

エアコンの室外機にカバーをつけると、室外機の汚れが落ちません。

エアコンの室外機は、雨にさらされることで汚れが落ちるように作られています。

室外機全体を覆い隠すタイプのカバーだと、雨による室外機の洗浄ができません。

定期的な掃除が必要になる可能性があります。

ただ、室外機がまったく汚れないカバーはなく、ある程度の掃除は必要です。

「雨に濡れることが洗浄になる」という室外機の特徴を活かすなら、室外機を囲うものではなく、屋根型タイプがおすすめといえます。

エアコンの室外機にカバーをつけるメリット

グッドポーズ

次に、エアコンの室外機にカバーをつけるメリットを3つ解説していきます。

  • 悪天候や衝撃から室外機を守れる
  • 電気代の軽減につながる
  • 室外機の見た目をおしゃれにできる

悪天候や衝撃から室外機を守れる

カバーをかけることで、台風や地震などの影響から室外機を守れるのは大きなメリットです。

雨や風が強いと、大量の雨水が室外機の中に入り込みやすくなります。

室外機への雨水の侵入は故障やさびの原因になってしまい、室外機の寿命を縮めることにつながるのです。

また、地震が起きて何か物が落ちてくると、室外機が壊れることもあります。

室外機にカバーをすることで、雨水の侵入による故障やさび、災害による損傷を最小限に抑えられるのです。

電気代の軽減につながる

エアコンの室外機にカバーをつけることは、電気代の軽減につながります。

室外機は外にあるため、常に熱や寒波の影響を受けている状態です。

特に夏場は強い日差しと地面からの照り返しが強く、室外機本体の温度も高くなります。

室外機は本体の温度が高くなると、今度は温度を下げようと電力を使うため、結果的に電気代がかかってしまうのです。

室外機にカバーをつければ日陰ができ、直射日光が避けられます。

電力消費量も減り、エアコンの電気代の節約が可能です。

また、節電できれば省エネとなり、環境への負担も減らせます。

室外機の見た目をおしゃれにできる

選ぶカバー次第で、室外機の見た目をおしゃれにできます。

エアコンの室外機はやはり機械なので、見栄えがあまりよくありません。

ベランダに植物を植えるなどしておしゃれにしても、室外機があることで生活感が出てしまいます。

室外機のカバーは、デザインのバリエーションが豊富です。

可愛らしい模様がついたシートのものやアイアンテイストのもの、木タイプなどさまざまあります。

無機質な室外機をお気に入りのテイストのカバーで覆うことで彩りが生まれ、置き場所がおしゃれになるためおすすめです。

エアコン室外機カバーの評判・口コミ

3.8
Rated 3.8 out of 5
5つ星中3.8つ星(6件のレビューに基づく)
最高33%
良かった17%
ふつう50%
いまいち0%
最悪0%
スクロールできます

30代女性
満足度:
メリット:
紫外線から機械をガードしてくれるのは良い。クーラーの効き方はよくわかりませんが、やらないよりは良いのかと思う。カバーの上を利用して洗濯グッズを置いたり出来るのは、なかなかベランダに収納がないので便利でした。
デメリット:
外に一年中さらされており、劣化するのが思った以上に早いと思いました。2年ぐらい同じ物を使ってましたが、ボロボロになってしまい、掃除するのが大変でした。柔らかい材質ではなく、硬めの材質でないと劣化が早いと思う

40代女性
満足度:
メリット:
室外機カバーをすることで、とても冷房をつけてからの温度が下がるのが早いように感じます。モーター音も少し小さくなったように思います。実際使用していないときと比べると室外機の汚れも少なく掃除の手間が省けるようになりました。
デメリット:
最初に購入したものは、しっかり縛っておかなかったので強風で飛ばされたりしてしまいました。2回目に購入したものはしっかりしたものを購入したので風で飛ばされることもなく丈夫でした。しっかりしたものを購入した方が良いと思います。

30代女性
満足度:
メリット:
室外機自体が汚れにくくカバーの方が掃除もしやすい。
見た目がお洒落なのを選んで使っているのでスッキリして見た目が良くなる。
直射日光を遮って熱を少しでもよけれるのでエアコンの効きが良くなり電気代の節約にもなる。
デメリット:
台風や風邪の強いときなどに飛んでいってしまいそうになったことがあります。
今は紐で固定しているので大丈夫ですが、結構な頻度でズレたりはしていてその度になおしていました。
最近暑いのでエアコンを増やしたのですが、その度に揃えようと買うと結構なコストになる。

30代女性
満足度:
メリット:
夏場、室外機が熱くなると電気代もかかると聞いたので購入した所、多少の節電にもなりエアコンの効きも向上した。特に真夏はあるのと無いのでは冷たい空気が部屋に行き届くまでの時間が違うと感じたのと、室外機上部に溜まる汚れも気にならなくなったので購入して良かったと感じた。
デメリット:
強い雨風で飛ばされたり外れてしまうことがあったのでしっかり取り付けないといけないと感じた。また、年単位ではあるが定期的に交換をしないと劣化し破れていたり汚れが溜まるので買い替えにお金がかかると感じた。

30代女性
満足度:
メリット:
室外機が悪目立ちをすることなく、一種の屋外インテリアのように設置できるのが良い点だと思います。またカバーがあることで上に鉢植えを設置することもでき、スペースを有効活用できるようになった点もカバーをつけて良かったと思います。
デメリット:
室外機の空気の排出・取り入れの性能が落ちてしまったというのがカバーを設置して感じている悪い点です。特に夏場にエアコンをフル回転させている時、室内温度を下げる能力が半減しているように感じていて、夏はカバーを取り外しています。

50代男性
満足度:
メリット:
富山という雪国では冬の時期はエアコンは使用せず、ストープかヒーターを使用します。なので雪から室外機を守る意味でも必要だと感じています。雪は解けると意外に汚い。中が凍らないし汚くならないので重宝しています。
デメリット:
特に悪いと感じたことはありませんが、しいて挙げるならあまり丈夫ではないと感じます。また、取り付けをきちんとしないと冬は雪が下から入るので注意が必要です。取り外した際には洗わないといけないのでやや面倒ではある。

クラウドワークス口コミ投稿フォームからの口コミになります。

おすすめのエアコン室外機カバー3選

エアコンと椅子

エアコンの室外機カバーはさまざまなメーカーが販売しています。

おしゃれなものもあったり、簡易的なものもあったりなど多種多様で、どれを買うべきか迷ってしまいます。

ここでは、以下3つのおすすめエアコン室外機カバーを紹介します。

  • ガーデンマスター エアコン室外機カバー 天然木杉材
  • ガーデンガーデン エアコン室外機カバー ジャンボ ポタジェ収納ユニット
  • ワンズ エアコン室外機の日よけパネル SX-010

[ガーデンマスター] エアコン室外機カバー 天然木杉材 ライトブラウン

山善の室外機カバーです。

ルーバータイプのため、熱がこもらないつくりになっています。

木は天然木杉材で耐水性が高く、柔らかくて肌触りもいいカバーです。

おしゃれな見た目のため、パッと見では室外機カバーに見えません。

ナチュラルな木の風合いを生かしたデザインとなっており、庭に置いても自然で、落ち着いた印象を与えてくれます。

カバーの上に小さな鉢植えなどを置き、よりおしゃれにすることも可能です。

見栄えをよくし、直射日光を防ぎつつ天板や側面の隙間も作って通気性も確保するなど、デザイン性と機能性を兼ね備えたカバーといえます。

エアコン買い替えと同時に室外機の保護と、性能UPを考えて購入しました。

使用開始から2年ほどたち、目立った破損も有りません。室外機の見栄えも良くなり夏場のエアコンの効きも良くなったと感じています。

いい買い物をしたとおみっています。

引用:Amazonレビュー

値段にしては、デザインも木の質感も満足しています。

引用:Amazonレビュー

ガーデンガーデン エアコン室外機カバー ジャンボ ポタジェ収納ユニット

収納スペースがあるガーデンガーデンの室外機カバーです。

ポタジェとは、フランスの伝統的な家庭菜園様式のことで、収穫と鑑賞の両方を兼ね備えています。

室外機カバーの上に独立した収納ユニットがあり、室外機を守りつつ収納もできるという万能なカバーです。

収納ユニットの内部は2段になっていますが、板を外して使うこともできます。

扉は両開きでマグネット留めになっているため、どなたでも簡単に開け閉め可能です。

色はウォッシュホワイトの他、ダークブランやブルーグレイなどがあり、室外機カバーと収納ユニットでさまざまなカラーの組み合わせが楽しめます。

木の温かみが感じられるステイン系塗装で、組み立ても難しくありません。

ちなみに、収納ユニット単体の販売もあります。

対応室外機カバーをすでに持っている場合は、収納ユニットだけ購入することも可能です。

ガーデニング用品を収納のため購入。見た目はオシャレ。外に置くので、少しでも雨で腐らないよう、ニスを全面3度塗りを行いました。

まだ、耐久性はわかりません。でも、家内は気に入ってくれました。組み付けは簡単で、30分も有れば終了します。

引用:Amazonレビュー

ワンズ エアコン室外機の日よけパネル SX-010

室外機の上に乗せるだけのカバーです。

見た目を気にしない方、簡単に取り付けられるカバーを探している方におすすめといえます。

2本のベルトで固定するため、風にあおられてズレたり飛んだりすることもありません。

室外機が太陽の光によって熱くなるのを防いでくれますし、ホコリや汚れからも守ってくれます。

室外機の奥行きよりもだいぶ前に出ているので、ちゃんと日除けになります。

しっかりしているので、長持ちしそうです。

引用:Amazonレビュー

去年からつけっぱなしですが、劣化等ありません。電気代のコストを考えて購入。

引用:Amazonレビュー

エアコンの室外機カバーについてよくある質問

クエスチョン

ここからは、エアコンの室外機カバーに関するよくある質問にお答えします。

  • 室外機カバーをつけたままエアコンを使用してもいいの?
  • 室外機カバーでアルミシートを使うと節電効果がある?
  • エアコンの室外機カバーって冬の北海道には必要?
  • 室外機カバーはDIYできる?

室外機カバーをつけたままエアコンを使用してもいいの?

室外機カバーをつけたままエアコンを使用しても、故障するなどの問題は特に起きません。

ただ、室外機の周りを囲ってしまうと熱が逃げにくくなり、涼しくする力が弱くなってしまいます。

エアコンは常時使うため、カバーの取り付け・取り外しを繰り返すのは現実的ではありませんが、できるだけ楽に取り外せる室外機カバーを選ぶのがおすすめです。

室外機カバーでアルミを使うと節電効果がある?

室外機カバーでアルミを使うと、節電効果が期待できます。

シートには「断熱シート」や「遮熱シート」などがあり、簡単にいうと断熱シートは熱の伝達を遅くするもの、遮熱シートは熱の伝達を止めるものです。

熱の伝達を止める遮熱力を持ったアルミシートを使えば、室外機本体に熱が伝わるのを抑えてくれるため、節電効果があるかもしれません。

ただし、商品によって効果は異なります。

効果や特徴などをよく見て購入することが大事です。

エアコンの室外機カバーって冬の北海道には必要?

冬の北海道での室外機カバーですが、普段はつけないにしても、冬場は考えたほうがよいといえます。

雪が降る地域では、落雪によって室外機が壊れてしまうことも少なくありません。

雪が降る地域にお住まいの方には、落雪に備えて室外機を囲う箱型のカバーをおすすめします。

室外機カバーはDIYできる?

エアコンの室外機カバーは、DIYでつくることも可能です。

ホームセンターに行って室外機のサイズを伝えれば、サイズ通りに木材をカットしてもらえます。

防カビや防腐、防虫用の塗料も合わせて購入し、組み立てた後に塗ってください。

また、100均で折りたたみのラック・ワイヤーラティス・結束バンド・すだれを購入して作ることも可能です。

ラックを室外機の上に挟むように乗せ、更に上へワイヤーラティスを乗せてから前面にすだれを垂らします。

ラック・ワイヤーラティス・すだれを結束バンドで固定させて完成です。

まとめ:室外機カバーのデメリットを徹底解説!

改めて、室外機カバーのデメリットをおさらいします。

  • エアコンの機能が落ちる
  • 汚れが落とせない

室外機を囲ってしまうと熱が放出されにくくなり、冷やす力が弱まってしまいます。

エアコンの機能を落としたくない場合は、屋根型のカバーにするのがおすすめです。

また、エアコンの室外機は、雨で汚れを落として性能を維持しています。

性能の維持を考えるなら、室外機の上に乗せて日よけするタイプがおすすめです。

メリット・デメリットを理解できれば、エアコンの室外機カバーを買うべきかの判断がしやすいため、ぜひ本記事を参考に検討してみてください。

該当商品やサービスの口コミは「口コミ投稿フォーム」にてお聞かせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次