MENU

ゴムポンつるつるのデメリットは?二度と買わないと後悔したくない人に向けて徹底解説!

※本記事にはプロモーションが含まれています。

ゴムポンつるつるが気になっているけれど、使いやすいのだろうか?

どのようなデメリットがあるのだろう?

ゴムポンつるつるを購入しようか悩んでいる方の中には、このような疑問を浮かべている方もいらっしゃるかもしれません。

ゴムポンつるつるは、黒ずみや肌の角質をケアしてくれる商品です。

水やぬるま湯につけ、肌に直接こすって古い角質を取り除くことで、肌をつるつる・スベスベにする効果が期待できます。

ただ、肌荒れはしないのかなどデメリットも気になるところ。

直接肌に触れるものだからこそメリット・デメリットは知っておきたいし、後悔はしたくないですよね。

本記事では、ゴムポンつるつるの購入を迷っている方に向けて、デメリットやメリットについて解説します。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
当メディアは国民生活センター/消費者庁/厚生労働省を参考に記事を作成し、最新情報と記事の正確性を検証しています。

ゴムポンつるつるのデメリット

初めに、ゴムポンつるつるのデメリットを見ていきましょう。

  • 肌に合わない場合もある
  • 赤みが出ることもある
  • カビが生えやすい

1つずつ解説していきます。

肌に合わない場合もある

ゴムポンつるつるを使ったものの、肌に合わなかったという人もいます。

考えられる原因としては、ゴムポンつるつるの「素材」です。

ゴムポンつるつるには、古くなった肌の角質を取るために特殊ゴムが使用されています。

ゴムは、人によって皮膚が赤くなったりかゆみが出たりといった症状が出てしまうのです。

付けまつげなど、過去に一度でもゴムが入っているものを使用してアレルギーが出た人は、使用前に十分注意しましょう。

摩擦で赤くなることもある

ゴムポンつるつるで、肌が赤くなってしまうこともあります。

ゴムポンつるつるの素材は、特殊ゴムです。

ゴム特有の「キュッキュッ」という、お皿を洗っているときのような音の変化で効果を感じるという人もいるほど、摩擦力があります。

力加減や個人差もありますが、人によっては擦ったところが赤くなってしまうこともあるため、優しく擦って使うことで防ぐことができます。

カビが生えやすい

ゴムポンつるつるは吸水力が高いため、水を多く含む分カビが発生する確率を高めてしまいます。

水はけが悪いため、そのまま浴槽に放置しておくとカビが生える原因となってしまうのです。

ゴムポンつるつるは肌を直接擦って使うもののため、常に清潔にしておかなくてはなりません。

使った後は綺麗に水洗いをしてしっかり絞り、洗濯ばさみや物干しざおなどを使って乾かしてください。

ゴムポンつるつるのメリット

次に、ゴムポンつるつるの以下3つのメリットを解説していきましょう。

  • 水やぬるま湯で肌がつるつる・スベスベになる
  • 石鹸を使っても効果が期待できる
  • 部位によって使い分けができる

水やぬるま湯で肌がつるつる・スベスベになる

https://twitter.com/yamiyohaakaku/status/1587708770288893954

ゴムポンつるつるの大きなメリットは、やはり水やお湯を使うだけで肌が綺麗になることです。

少しこするだけでも古い角質が取れるため、肌がつるつる・スベスベになります。

角質に汚れを溜めることなく綺麗にできるため、ニキビも比較的できにくくなります。

こするだけで角質が取れるのは、消しゴムでこすって汚れが取れるのと似たような原理です。

特殊なゴムが入っているため、水やお湯につけてから軽くこすることで摩擦が起き、汚れが取れます。

角質の汚れは、普通のボディタオルではなかなか取れません。

水やお湯につけてこするだけでつるつる・スベスベ肌になれるのはありがたいものです。

石鹸を使っても効果が期待できる

ゴムポンつるつるは、水やお湯だけでなく石鹸を使っても効果が期待できます。

全身を洗い流した後に、水で洗ったゴムポンつるつるで軽く拭くことで、肌も引き締まりつつスベスベもします。

基本は水やぬるま湯でOKですが、衛生的なことを考えたら石鹸も使いたいですよね。

肌の汚れを落としつつ、つるつる・スベスベにもなれるため手間が省ける上に時短にもなります。

石鹸と一緒に使っても問題ないのは魅力的です。

部位によって使い分けができる

ゴムポンつるつるは、部位ごとに商品がラインナップされています。

つるつる・スベスベにしたい部位によって使い分けができるのも大きなメリットです。

長さ90cmのロングタイプであれば、背中など普段は手の届かない部分もきれいにできます。

ミトンの形になっている「ゴムポンおしりつるつる」はお尻専用のもので、手にはめてお尻を撫でるだけでつるつる・スベスベになります。

お尻は布だと洗いにくく汚れも落としにくいですが、ミトン型だと包み込むように擦れるため洗いやすいです。

小鼻専用のゴムポンつるつるもあるため、鼻の黒ずみや毛穴が気になる人におすすめです。

ボディタオルはよく見かけますが、中でも部位ごとにラインナップされているのはなかなか珍しいです。

小鼻は特に一番人から見えやすい部分ですし、気になる部位だけお手入れができるのはとても魅力的といえます。

化粧ノリが良くなる

これは買って大満足です。小鼻つるつるですが、顔全体に使ってます。

そのおかげでツルツルで肌も柔らかくなりスキンケア・化粧ノリも良くなりました。

大満足です。

引用:Amazon

汚れている角質が取れて綺麗になるからなのか、化粧ノリが良くなったと感じる人もいるようです。

化粧ノリが良くなれば見た目も綺麗に見えます。

見た目が綺麗に見えれば自信が持て、毎日の生活も楽しくなるものです。

ゴムポンつるつるを使うメリットはかなり大きいといえます。

ゴムポンつるつるに関するよくある質問

ここからは、ゴムポンつるつるに関する、よくある質問にお答えします。

  • ゴムポンつるつるは肌に悪い?
  • ゴムポンつるつるの寿命はどのぐらい?
  • ゴムポンつるつるの評判は悪い?

ゴムポンつるつるは肌に悪い?

ゴムポンつるつるは、基本的に肌に悪くはありません。

ただし、人によっては「肌にあまりよくない」と感じるかもしれません。

含まれているゴムによって、皮膚が赤くなったりかゆみが出たりといった症状が出てしまう人もいるからです。

アレルギーが気になる場合は、一度調べてみることをおすすめします。

また、ゴムポンつるつるは摩擦力がとても強い商品です。

強くこすったり、含ませる水やぬるま湯が少なかったりすると肌を悪くしてしまいます。

水分をたっぷりと含ませれば、なでるだけでも汚れを取り除けます。

ゴシゴシ強くこするのではなく、マッサージするように動かして使うほうが肌には優しいです。

ゴムポンつるつるの寿命はどのぐらい?

ゴムポンつるつるの寿命は、取扱説明書によると「3か月」と記載があります。

ただ、中にはもっと長く使っている方もいるようです。

https://twitter.com/momomoko1515/status/1148568344280174592?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1148568344280174592%7Ctwgr%5Ef5d283993a8656eb146450487c60ac12cc195250%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fkininaruarekore01.com%2Fpost-2927

半年ほど使って2枚目に突入であれば、6か月ほどは使えていたことになります。

使い方や使用頻度によって寿命は変わってくると思いますが、何度も長く使うほど気に入っているということなので、使い心地は期待できます。

どれだけ肌がつるつる・スベスベになるとしても、すぐに使えなくなってしまってはコスパも悪くなります。

3か月は持つ上に、使い方や頻度によってはもっと長く持たせられるというのであれば、コスパも良くリピートしやすいです。 

ゴムポンつるつるの評判は悪い?

ゴムポンつるつるの評判は、デメリットを含んだものもありますが、悪いものだけではありません。

古い角質が取れて肌がつるつる・スベスベになる、部位によって使い分けができるなど良い評判も挙がっています。

ただ、赤みが出てしまった・自分の肌に合わなかったなど、人によっては合う合わないがあるのも事実です。

まずは試しに使ってみて、自分に合うかどうか判断してみることをおすすめします。

まとめ:ゴムポンつるつるのデメリットを徹底解説!

本記事では、ゴムポンつるつるのデメリットやメリット、よくある質問にお答えしました。

改めて、ゴムポンつるつるのデメリットをおさらいします。

  • 肌に合わない場合もある
  • 赤みが出ることもある
  • カビが生えやすい

赤みが出たり肌に合わないと感じたりすることは、個人差があります。

悪い影響が出たという口コミだけを信用してはいけません。

優しくこするなど使い方を工夫したり、アレルギーについて調べたりなどして、自分自身で見極めることをおすすめします。

「肌のかさつきが気になっている」「肌をスベスベにしたい」と考えているのであれば、ぜひ本記事を参考にゴムポンつるつるの購入を検討してみてください。

該当商品やサービスの口コミは「口コミ投稿フォーム」にてお聞かせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次