MENU

雪平鍋のデメリットは?後悔したくない人向けに徹底解説!

雪平鍋が欲しいけど、どんなデメリットがあるのかな?

買ってから後悔したくない!

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

雪平鍋とは、鍋の側面に「槌目(つちめ)」と呼ばれる小さな凹凸が施された、注ぎ口のある片手鍋。

その扱いやすい形状や重量、熱伝導性の高さから長きにわたって日本の台所で愛されています。

そんな雪平鍋ですが、いくつかデメリットも。

この記事では、雪平鍋の購入を検討されている方に向けてデメリットやメリット、おすすめの商品を紹介します。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

当メディアは国民生活センター/消費者庁/厚生労働省を参考に記事を作成し、最新情報と記事の正確性を検証しています。

雪平鍋のデメリット

はじめに、雪平鍋のデメリットを見ていきましょう。

デメリットはこちら。

  • アルミ製は鍋の内側が黒ずみやすい
  • 焦げ付きやすい

1つずつ詳しく解説します。

アルミ製は鍋の内側が黒ずみやすい

雪平鍋の素材は主に「アルミ」「ステンレス」「」の3つです。

中でも、アルミ製の鍋は使用しているうちに鍋の内側がだんだんと黒ずんでしまうことがよくあります。

鍋を水洗いするうちに、アルミが水分と反応して水酸化アルミニウムを形成し、それが水分中のミネラル(カルシウムや銅など)と複雑な化学反応を繰り返すことで、黒く変色して見えるようになるのが原因です。

また、アルミはアルカリ性に弱いという欠点があるため、アルカリ性食品を調理した際も黒ずみが出てしまう場合も。

ちなみに、アルカリ性食品には次のものが含まれます。調理する際には気をつけてくださいね。

アルカリ性食品とは…

  • こんにゃく
  • 卵の殻
  • 生の中華麺

ここまで読んで、「アルミ製は良くないのかな・・・」と思ったあなたへ。

大丈夫です!黒ずみは酸性食品を使えば簡単に落とせますよ。

酸性食品とは…

  • お酢(目安:大さじ2)
  • レモン汁(目安:大さじ3)
  • クエン酸(目安:小さじ2) など

鍋いっぱいに水を入れ、そこに上記の食品いずれかを目安量投入します。

その後20分ほど煮立たせ、水で綺麗にすすいで、しっかり拭き上げたら完了!

とはいえ、「やっぱり面倒!」と思ってしまった方は、黒ずみにくい「ステンレス製」または「銅製」の商品を選んでくださいね。

SNSでも、鍋の黒ずみが気になるという口コミがありました。

焦げ付きやすい

雪平鍋の中でも特に、熱伝導性の高いアルミ製の鍋は食品が焦げ付きやすいというデメリットがあります。

そのため、炒め物をするとなべ底に食材がこびり付いてしまう場合もしばしば。

ちなみに、熱伝導性とは熱の伝わりやすさのこと。この数値が高いほど食材に早く熱を伝えられます。

調理の工程で炒めるのが必要な場合は、多めに油を引くことで焦げ付きは防げますよ。

参考に、素材ごとの特徴や向いているシーンをお伝えします。

スクロールできます
素材特徴シーン
アルミ・安価
・軽量
・熱伝導性が高い
・黒ずみや焦げやすい
味噌汁や出汁取り、
野菜を茹でるなど
素早く時短して調理したいシーン
ステンレス・焦げ付きにくい
・保温性に優れる
・熱伝導性が低い
煮込み料理など
時間をかけて
じっくり調理したいシーン
・焦げ付きにくい
・熱伝導性が高い
・保温性に優れる
・お手入れに手間がかかる
・高価
時短調理・
煮込み料理など
シーンを選ばない

SNSでも、焦げ付いてしまったという口コミがありました。

雪平鍋のメリット

次に雪平鍋のメリットを紹介します。

  • 軽くて扱いやすい
  • リーズナブルな価格
  • サイズ展開が豊富

1つずつ詳しく解説します。

軽くて扱いやすい

雪平鍋は軽くて扱いやすく、毎日のちょっとした料理に重宝します。

例えば、1人分の袋麺を作ったり少しお湯を沸かしたい時など、雪平鍋があるととても便利ですよ。

中でもアルミ製の雪平鍋は最も軽く、熱伝導性も高いため素早く調理したい時におすすめです。

SNSでも、雪平鍋は軽くて使いやすいという口コミがありました。

リーズナブルな価格

雪平鍋のメリットとして、リーズナブルな価格も挙げられます。

サイズや素材によって価格の差はありますが、安いもので700円程度から購入可能

耐久性にも優れているため、1つだけでなくサイズを変えて複数使いするのもおすすめです。

SNSでも、雪平鍋は価格が安いという口コミがありました。

サイズ展開が豊富

雪平鍋は、内径が15㎝や18cm、20㎝、24㎝などサイズ展開が豊富。

人数や料理の用途によって使い分けしやすいです。

参考に、サイズごとの目安の人数や用途をお伝えします。

スクロールできます
サイズ人数用途
14㎝~18㎝1人~2人インスタント麺を作ったり、軽くお湯を沸かす
20㎝~22㎝3人~4人たっぷりのお湯でパスタを茹でたり、お味噌汁を作る
24㎝以上4人~おでんなどの煮込み料理を作る

人数や用途に合った商品を選びましょう。

雪平鍋の評判・口コミ

4.0
Rated 4 out of 5
5つ星中4つ星(6件のレビューに基づく)
最高0%
良かった100%
ふつう0%
いまいち0%
最悪0%
スクロールできます

30代男性
満足度:
メリット:
ひとり暮らしをしている頃に、軽いし小さいので焼きも出来るし煮るもできるのでかなり便利でした。ステンレス製を購入したのですがラーメンを作ったときに普通の鍋よりもおいしく感じ、また汚れも簡単に落ちてひとり暮らしには良かった
デメリット:
鍋自体は小さいので家族がたくさん出来た際には使い勝手が悪そうだなと思うのがあり、また鍋で料理をしその後すぐに洗うか水につけるかしないと、そのままにしていたらすぐ汚れがついてしまうので料理によってはすぐ洗わないといけないのが難点でした

20代女性
満足度:
メリット:
雪平鍋は、万能なので、どんな料理をするときにでも使うことができるので、持っていて損はない鍋だと思います。わたしは、味噌汁や煮物を作るときに使用するので、一日に一回は絶対に使用します。使い勝手が良いです。
デメリット:
長い間使い込んでいくと、裏面が着色していって、汚く見えてしまうことが難点だと思います。外側が特に黒っぽく着色しやすいと思います。なんにでも使用できるので、毎日愛用していますが、それが原因なのか、すぐに年季が入った印象になってしまいます。

40代女性
満足度:
メリット:
煮物やスープなど汁物の時に深さがある雪平鍋は使いやすくて良いと思います。あと、こふきいもは雪平鍋でしか使った事がないですが、失敗する事なく作れるので日常的に使用しています。軽くて重ねて収納できる所も良いと思います。
デメリット:
持ち手が木なので、長く使用しているとネジがゆるんできて、グラグラするところと、炒める事ができないので焦げ付きやすい所、あとは色が濃い素材のものを調理すると内側に色移りし、洗剤で擦っても落ちにくいところが少し気になります。

30代女性
満足度:
メリット:
野菜など茹でものをしたり、汁物や麺料理、煮物など色々な料理に使えて便利です。また、軽いので片手でも持ち上げることができ、手に負担が少ないので助かります。金額もお手頃に買えるので、サイズが違う物をいくつか購入できたりとお財布にも優しいです。
デメリット:
お湯を沸かす際、専用の蓋があれば少しですがはやく沸騰させれるし、ガス代も節約になると思います。いつも違う鍋の蓋を使っていて、とても不格好です。取って部分が木の素材で、以前使っていた物は黒くガビが生えたようになってしまった。

40代女性
満足度:
メリット:
一般的な最近のテフロン加工のフライパンや、鍋に比べて、
火のはいりが早い気がする。
煮物をすると最近の鍋より美味しそうに感じる。
あと、料理の腕がなくても上手な人みたいに感じられるので、
自分で使っていても少し気分がいい気がする。デメリット:
昔からあるので、使っているとちょっとおしゃれさにかける。
自分の使用しているやつが歪んでいるからなのか、
IHに反応できず、ガスでしか使えないので、残念です。
どちらも使えれば、リフォームしても買い換え無しで使えるので
いいなぁと思います。

50代女性
満足度:
メリット:
お湯など、すぐに沸きます。薄い鍋なので、熱が伝わりやすいと思います。筑前煮などを作る時、食材を炒めて、そのまま出汁など入れて煮込むことができます。
軽いので、料理していても疲れず、とても扱いやすいと思います。
デメリット:
持ち手が木製のため、長く使用すると「焦げたり、ネジが緩む」ことがあります。そのため、持ち手がグラグラしてしまうので、新しい持ち手に交換したり、ネジの締め直しや交換をしながら、使用しています。鍋自身が薄いので、落としたりぶつけたりすると、凹んだり歪んだりします。

クラウドワークス口コミ投稿フォームからの口コミになります。

おすすめの雪平鍋3選

これまで、雪平鍋のデメリット・メリットを解説しました。

ここからは、デメリット・メリットを踏まえたオススメの商品を紹介します。

パール金属 シェール ふっ素加工アルミ雪平鍋 H-712

安価で軽量、熱伝導性の高いアルミ製の雪平鍋です。

鍋の内側にふっ素加工が施されているため、アルミ製のデメリットである”焦げ付きやすさ”を解消し、快適に料理ができます。

鍋の深さは、およそ10.5㎝。使いやすい深型タイプで、スープや煮物など汁気の多い料理にも最適です。

アーネスト(Arnest) 雪平鍋 15cm A-77454

焦げ付きにくく、保温性に優れるステンレス製の雪平鍋です。

鍋の表面には、雪平鍋特有の槌目(つちめ)」と呼ばれる小さな凹凸が施されているため、変形に強く耐久性もある商品。

また、熱を伝えやすく調理にムラが出にくい点が特徴です。

ガスとIHどちらにも対応していて、食洗器での洗浄も可能

金属加工の街として有名な新潟県三条市で作られた食品の腕が光る逸品です。

新光金属 銅楽まごころ伝心シリーズ 雪平鍋 21cm MD-0108

熱伝導性や保温性の高さなど、アルミ製とステンレス製のメリットを1つにまとめた銅製の雪平鍋です。

熱が対流しやすい丸みのある形状により、短時間でムラのないおいしい料理を作れますよ。

天然木に伝統技法である千段巻きを施した斬新なデザインの取っ手は、手に馴染みやすく安全性を高めています。

雪平鍋に関するよくある質問

最後に、雪平鍋に関するよくある質問にお答えします。

雪平鍋のアルミは溶け出す?

結論から言うと、ごく微量だけ溶けることがあります。

とはいえ、調理するにおいて全く問題ありません。

人はアルミ鍋で調理した料理だけでなく、飲料水や市販の菓子パン・お菓子、タコやイカ、海藻など様々な食品から日常的にアルミニウムを摂取しているのです。

1回の料理で溶け出す量は、こういった食品に含まれるアルミニウムよりもっと少ないため、何の影響もありません。

雪平鍋は焦げやすい?

熱伝導性の高い、アルミ製の雪平鍋は焦げやすいです。

焦げ付きが気になる方は、油を多めに引いて調理するか、鍋の素材をステンレス製または銅製、内側にふっ素加工が施されている商品を選びましょう。

まとめ:雪平鍋のデメリットを徹底解説!

この記事では、雪平鍋の購入を検討されている方に向けてデメリットやメリット、よくある質問にお答えしました。

雪平鍋のデメリットはこちら。

  • アルミ製は鍋の内側が黒ずみやすい
  • 焦げ付きやすい

煮る、焼く、炒める、揚げるなど使い道は幅広く、様々な調理法に適した雪平鍋。

1つ持っておくだけで、あらゆる調理シーンで活躍しますよ。

この記事を参考に、ぜひ手に取ってみてください。

該当商品やサービスの口コミは「口コミ投稿フォーム」にてお聞かせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次