MENU

電気フライヤーのデメリットとは?買って後悔したくない人に向けて徹底解説!解説!

※本記事にはプロモーションが含まれています。

最近、電気フライヤーって聞くけど、実際どうなんだろう…

購入する前に知っておきたいデメリットは?

こんなお悩み解決します。

電気フライヤーは、その名の通り電気を使って揚げ物料理を作れる調理家電です。

同じ電気フライヤーでも、子どものいる家庭や一人暮らし向けの商品など、さまざまなタイプがあります。

フライドポテトや空揚げなど、揚げ物料理を頻繁に作っている方にとっては非常に便利な家電となるのは間違いありません。

ただし、使い慣れるには時間がかかることもあります。油を多めに使うため、製品によっては洗浄に手間がかかるのも実情です。

また、調理用の鍋やフライパンなどを使って揚げ物料理を作ってきた方の中には、取り扱いに関して心配があるでしょう。

今回は、電気フライヤーのデメリットとメリット、おすすめの商品やよくある質問を中心に解説します。

それぞれのポイントを比較しながら、自分や家族が使いやすい電気フライヤー選びの参考にしてください。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
当メディアは国民生活センター/消費者庁/厚生労働省を参考に記事を作成し、最新情報と記事の正確性を検証しています。

電気フライヤーのデメリット

まずは、電気フライヤーのデメリットは、下記の3点があげられます。

  • 使う油が多くなってしまう
  • 手入れの手間がかかる
  • 収納スペースを作る必要がある

こちらの3点のデメリットを把握し、自身の家庭に設置できるか検討してください。

使う油が多くなってしまう

電気フライヤーはガスコンロは使いませんが、鉄鍋やフライパンなどと同様に揚げ物用の油を使用します。

商品によっては、一定量以上の油を使わなければなりません

そのため、油を減らして揚げ焼きをする料理には向いてないので、注意が必要です。

作る料理の分量に合わせて、必要な分の油を用意しておきましょう。

また、調理の際の油はねを防ぐためには蓋つきの電気フライヤーがおすすめです。

手入れの手間がかかる

電気フライヤーは油を使う調理家電のため、使用後の手入れには時間がかかりがちです。

作る料理や製品のサイズにもよりますが、油の処理から洗浄まで多くの手間がかかってしまいます

洗う手間を少しでも減らしたいのであれば、丸洗いが可能な電気フライヤーがおすすめです。

できるだけ構造がシンプルで、取り外しが自由自在な電気フライヤーを選べば洗う手間も減らせるでしょう。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

収納スペースを作る必要がある

https://twitter.com/monokaki_a_taro/status/1297536462552891398

電気フライヤーは電化製品のため、電気を使わない鍋やフライパンと違って重ねて収納はできません

そのため、使用しない時は専用の収納スペースに入れておく必要があります

壊さないようにするために、物がたくさん詰め込んである場所には置かないように気を付けましょう。

電気フライヤーのサイズに合わせて、キッチン内の収納スペースにある程度の余裕を持たせておくのが大切です。

電気フライヤーのお手入れをしたら、安全な場所に収納できるようにすると長く使えます。

電気フライヤーのメリット

電気フライヤーは使いこなすまで手間はかかりますが、慣れてくると非常に便利です。

毎日の食卓に用意すると、家族での食事や友人同士でのパーティーでも役に立ちます。

電気フライヤーのメリットは、主に下記の3点です。

  • 引火の心配が少ない
  • 温度調整ができる
  • 食卓に運びやすい

こちらのメリットをチェックして、購入の際にぜひ参考にしてください。

引火の心配が少ない

電気フライヤーはガスコンロを使わないため、テーブルクロスやキッチンタオルなどに引火する心配はほぼありません

火災の心配が少なく、揚げ物料理に慣れていない方でも気軽に調理ができます。

料理初心者の方や小さい子どものいる家庭には、安全面を考えると電気フライヤーがあるととても便利です。

温度調整ができる

https://twitter.com/nari_kanagawa/status/1323197402916876288

電気フライヤーには、温度調整機能がついています

箸を使って揚げ物の出来を確認したり、調理中に温度計で温度を測ったりする必要がありません。

つまみやボタンによって、調理する際の温度を適度に調整できるので、揚げ物を作る際に有用です。

あらかじめ電気フライヤーの温度設定をしておけば、楽に揚げ物が調理できます。

時間をかけずに、美味しい揚げ物料理を調理をしたい方にとっては、電気フライヤーが非常に便利です。

食卓に運びやすい

電気フライヤーは、調理してそのまま食卓に運べます

複数名でのパーティーや家族そろって食事を食べる際に、調理したばかりの揚げ物を出せるのが最大のメリットです。

食卓にて、できたてで温かい料理に舌鼓を打てるため、家族や仲間などからも喜ばれるでしょう。

また、家族や仲間と一緒に卓上で調理をするのも可能です。

串揚げやフライドポテトなど、できたて料理を作りながらの食事が楽しめます。

おすすめの電気フライヤー

電気フライヤーを購入しようと思っても、初めて購入する方や買い替えたい方はどれを選ぼうか迷ってしまうでしょう。

安全性・利便性・洗う手間の簡単さなど、自分に見合ったポイントを見ながら製品を選ぶ必要があります。

この章では、おすすめの電気フライヤーを紹介します。

  • 山善 電気フライヤー 蓋付き 1.5L YAD-F801(S)
  • LITHON おひとりフライヤー 0.6L 
  • クイジナート 電気フライヤー CDF100JBS 

性能や価格をしっかりと比較しながら、毎日の生活に使えそうな電気フライヤーを購入しましょう。

山善 電気フライヤー 蓋付き 1.5L YAD-F801(S)

山善「電気フライヤー蓋付き」は、コンパクト設計で重さが2.2kgと軽量のため、持ち運びに便利な電気フライヤーです。

油切りがついており、フライドポテトや唐揚げを一度に何個か揚げたい場合に役に立ちます。

調理中に蓋を閉めておけば、油がはねる心配はありません。

そのため、掃除がしやすく安全です。

電気フライヤーの蓋には窓がついているので揚げ物の具合を確かめられます

コードがマグネット式になっているので、万が一引っかかった場合も本体からすぐに外れるので、本体を倒す心配はありません

それを踏まえると。小さい子どもがいる家庭でも安心して使用できる電気フライヤーといえるでしょう。

LITHON おひとりフライヤー 0.6L 

LITHON「おひとりフライヤー」は、0.6Lと非常にコンパクトなサイズなので一人暮らしの方や少人数での食事会に向いている電気フライヤーです。

そのうえ、収納スペースであまり幅を取りません。

つまみ一つで簡単に温度調節ができ、蓋をして油はねを防止できて非常に役に立ちます。

各料理の調理温度の目安表示が本体に書かれているので、初めて電気フライヤーで揚げ物料理を作る方や料理初心者の方でも安心です。

クイジナート 電気フライヤー CDF100JBS 

蓋つきで調理ができて、油はねの心配はありません

なおかつコンパクトで場所を取らないので、食卓に運んで安全に揚げ物料理を作れます。

なお、油の温度は90〜190℃まで一定に調整できます。

マグネットプラグがついているので、引っかけてしまった場合もすぐに本体から外れるので安心です。

安全性に優れており持ち運びがしやすい電気フライヤーを探している方はクイジナートの製品購入を検討してみるのもよいでしょう。

電気フライヤーに関するよくある質問

FAQ

電気フライヤーに関するよくある質問と、その回答を4点紹介します。

  • 内釜を外せる・洗える電気フライヤーはどれ?
  • 油はねを防げる電気フライヤーは?
  • 電気フライヤーは油を入れっぱなしでも大丈夫?
  • 電気フライヤーの電気代はどのぐらい?

電気フライヤーを初めて家庭に設置しようと考えている方は、ぜひこちらの参考にしてください。

内釜を外せる・洗える電気フライヤーはどれ?

LITHON ノンオイルフライヤー 揚げ直し名人 KDFY-08ABです。

LITHON ノンオイルフライヤー「揚げ直し名人」は、お惣菜や冷凍食品の揚げ物を簡単にサクッと調理できます

200℃の熱風調理のできるシステムがついていて、料理についた余分な油を落とせるため、ヘルシー志向の方にも安心です。

油を使わずに調理するため、内釜を外してバスケットとラックもきれいに洗えます

フライヤーそのものの構造がシンプルなので、気になる汚れがあってもしっかり洗いやすい点が嬉しいポイントです。

油はねを防げる電気フライヤーは?

タイガー 電気フライヤー「はやあげ」CFE-A100-Tです。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

タイガー 電気フライヤー「はやあげ」は、大きな鍋のような形をした電気フライヤーです。

一度に多め料理を調理できるので、テーブルにおけば家族団らんでの食卓を楽しくしてくれます。

3mと長いコードがついており、室内のどこのコンセントにも差しやすい点もメリットです。

蓋を付けて調理をするので、しっかりと油はねを防げます。

使用後は鍋ごと丸洗いが可能です。

シンプルな鍋の形をしているので、今まで鍋を使って揚げ物料理をしてきた方も馴染みやすいでしょう。

電気フライヤーは油を入れっぱなしにできる?

電気フライヤーは油を入れっぱなしでも問題ありません

製品にもよりますが、約2ヶ月程度は保つとされています。

ただし、一度使った油は酸化しやすくなるため、別のオイルポットに移し替えて保管する方法をとりましょう

作った揚げ物料理や分量などにもよりますが、油の寿命の目安は3〜4回の調理までです。

揚げカスなどを適切に処理しながら、様子を見て交換しましょう。

電気フライヤーの電気代はどのぐらい?

電気フライヤーの電気代は、10分利用した場合はおよそ4円1時間利用した場合はおよそ24円程度になるとされています。(※1)

大きめのサイズの電気フライヤーを使用していると、電気の消費量は多くなってしまうため、若干電気代は高めになります。

電気フライヤー自体は大きく電力消費は取りませんが、今後は電気代が上昇も見込まれます。

電気フライヤーの使用頻度を見直しながら、電力を使い過ぎない程度に使って毎日の料理を楽しみましょう。

※1 参考:電気プラン乗換コム(RAUL株式会社)

まとめ:電気フライヤーのデメリットを徹底解説!

この記事では、電気フライヤーのデメリットやメリット、おすすめの電気フライヤー、よくある質問にお答えしました。

電気フライヤーのデメリットはこちら。

  • 使う油が多くなってしまう
  • 手入れの手間がかかる
  • 収納スペースを作る必要がある

電気フライヤーは、使いこなすまでは大変ですが、慣れてくれば非常に便利な調理家電です。

油の使い方や安全性に注意すれば、手間をかけすぎずにいつでも揚げ物料理を作れます。

小さい子どもがいる家庭ならば、マグネット式プラグや蓋つきのフライヤーを用意しすれば安全です。

使い方がシンプルなので、家族や仲間などと一緒に揚げ物料理を気軽に作って楽しめます。

周りの人たちとのコミュニケーションを図るためにも、電気フライヤーは役に立つでしょう。

毎日の料理をより楽しみたい方は、ぜひ一家に一台は電気フライヤーの購入を検討してみてくださいね。

該当商品やサービスの口コミは「口コミ投稿フォーム」にてお聞かせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次