MENU

珪藻土バスマットのデメリットは?買って後悔したくない人に向けて徹底解説!

珪藻土バスマットが気になってるけどデメリットも知りたい

珪藻土バスマットと布バスマットの違いは?

こんなお悩みをおもちではありませんか。

珪藻土バスマットは、”珪藻土”という自然素材を使用していて吸水・速乾性に優れています。

基本的に洗濯の必要もなく、家事の負担解消にもなるおすすめのアイテムです。

しかし、デメリットも知ったうえで購入を検討したいという人も多いはず。

この記事では、体験談をもとに珪藻土バスマットのデメリットやメリットを解説します。

珪藻土バスマットの購入を検討されている方は、この記事を参考にしてください。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

珪藻土バスマットのデメリット

珪藻土バスマットは吸水・速乾性に優れ、連続して使用しても快適に使えると人気のアイテムです。

しかし、購入にあたってデメリットも存在します。

珪藻土バスマットのデメリットはこちら。

  • 吸水・速乾力がすぐに落ちてしまうことも
  • シミが落ちにくい
  • 選べるデザインが少ない

1つずつ解説します。

吸水・速乾力がすぐに落ちてしまうことも

珪藻土バスマットの口コミを検索すると、「吸水・速乾力がすぐに落ちてしまう」という意見が見受けられます。

吸水・速乾力が落ちてしまう原因は、珪藻土の表面にある無数の細かい穴が目詰まりをおこすことです。

この穴は水分を吸収する役割があります。

目に見えないほど細かい穴であるため、皮脂やほこりなどが詰まりやすく「吸水・速乾力がすぐに落ちた」と感じる人がいるようです。

使用後に次のお手入れをすると、珪藻土バスマットのもちがよくなりますよ。

【珪藻土バスマットのお手入れ】

STEP
軽く水分を含ませたタオルで水拭きする
STEP
立てかけて乾燥させる
STEP
陰干しする(月1回でOK)

定期的に日陰で乾燥させましょう。

珪藻土に直射日光が当たると、反りやひび割れの原因になるので注意が必要です。

シミが落ちにくい

珪藻土バスマットは、汚れの混じった水分も吸収します。

そのため、吸い込んでしまった汚れはなかなか落ちず、シミになることも。

我が家では子どもが、珪藻土バスマットに泥水を垂らしてしまいました。

すぐに水拭きしましたが、うっすらシミに。

シミになった部分は、軽くやすりがけすることで元通り綺麗なバスマットに戻せました。

吸水・速乾力に変化はありません。

選べるデザインが少ない

珪藻土バスマットは、布バスマットほどデザインに幅がありません

そのため、選べるデザインが少ないと感じる人も。

「バスマットのデザインも自分の好みやこだわりをもって選びたい」という方もいるのではないでしょうか。

珪藻土バスマットの中にも形やカラーが異なる、キャラクターがプリントされているなど様々なデザインがあります。

あなたのお気に入りの1つが見つかりますよ。

珪藻土バスマットのメリット

ここまで、珪藻土バスマットのデメリットを紹介しました。

しかし、珪藻土バスマットは注目度が高く品切れ中の商品も多数あります。

その理由は、デメリット以上にメリットがあるからです。

珪藻土バスマットのメリットはこちら。

  • 吸水・速乾性に優れる
  • 洗濯の必要がない
  • カビや菌が繁殖しにくい再利用できる

1つずつ解説します。

吸水・速乾性に優れる

珪藻土バスマットは、吸水・速乾性に優れています。

珪藻土バスマットには、表面の無数にある小さな穴で呼吸するように吸湿・放湿する調湿機能があります。

家族が多く布バスマットを順番に使うと、最後のほうは湿ってあまり拭けないと感じたことはありませんか。

せっかくお風呂で気持ちよくなったのに、なんだかテンションが下がってしまいますよね。

珪藻土バスマットだと水分を素早く吸収し、しっかりと放湿するので継続して使ってもサラリとした使い心地を保てます。

家族が多い方にもおすすめです。

洗濯の必要がない

珪藻土バスマットは洗濯の必要がありません。

私が布バスマットを使用していた際は、毎日洗濯するのがとても億劫でした。

めんどくさいけど、洗濯しないのは不衛生だし・・・と感じたことのある方も多いはず。

珪藻土バスマットは、洗濯の必要がなく日ごろのちょっとしたお手入れだけで清潔に保てます。

家事の負担が減るのは魅力的ですよね。

カビや菌が増殖しにくい

珪藻土バスマットは速乾性に優れ湿気が少ないため、菌の繁殖がしにくいです。

洗わなくていい!というメリットのある珪藻土バスマットですが、カビや菌の増殖が気になる方も多いですよね。

菌は主に湿気のある場所で繁殖します。

布バスマットのほうが湿気を多く含むため、カビや菌の繁殖リスクが高いです。

ただ、珪藻土バスマットも使い方によって、カビや菌が繁殖するケースがあります。

使用後は立てかけて両面をよく乾燥させましょう。

再利用できる

珪藻土バスマットには消臭・調湿効果があります。

そのため割れる、古くなるなどで使わなくなった珪藻土バスマットは消臭剤・除湿剤として再利用が可能です。

我が家では、靴箱やゴミ箱の消臭・防湿剤として再利用しています。

ちなみにマットはのこぎりで簡単に切ることができますよ。

吸水・速乾力が落ちている場合は表面を軽くやすりがけしてから使用しましょう。

珪藻土バスマットと布バスマットの違い

珪藻土バスマットと布バスマットってどう違うのかな」「どっちを選べばいいんだろ」と思う方も多いはず。

ここでは、珪藻土バスマットと布バスマットそれぞれの特徴と、どんな人におすすめなのかを解説します。

特徴こんな人(家庭)におすすめ
珪藻土バスマット・吸水、速乾性に優れる
・カビや菌が繁殖しにくい
・洗濯不要
・再利用できる
・商品によっては体重制限がある
・布製と比べ選べるデザインの幅が狭い
・毎日の洗濯が億劫な人
・家族が多いご家庭
・不要になった後も再利用したい人
布バスマット・珪藻土製より吸水
・速乾性に劣る
・カビや菌が繁殖しやすい
・洗濯できるのでより衛生的
・デザインやサイズ展開が豊富
・肌に触れる感触がいい
・リーズナブル
・小さいお子さんがいるご家庭
・さまざまなデザインの中から選びたい人
・よりリーズナブルな商品を求める人

珪藻土バスマットは吸水・速乾性に優れ、カビや菌が増殖しにくいという特徴があります。

一方で布バスマットは、珪藻土バスマットと比べ吸水・速乾性に劣り、長時間使い続けることでカビや菌が繁殖しやすい環境に。

使用頻度が高い場合は、珪藻土バスマットを選ぶほうがより衛生的です。

おすすめ珪藻土バスマット

ここからは、デメリット・メリットをふまえおすすめの珪藻土バスマットを紹介します。

  • SALANA 日本製 珪藻土 バスマット
  • 珪藻土吸水バスマット

SALANA 日本製 珪藻土 バスマット

こちらはアスベスト検査済みで安心の日本製バスマットです。

さまざま天然素材を配合し、何度使っても衛生的でサラサラとした肌ざわりを体感できます。

また、両面使用可能で従来のバスマットより長い期間使えるので経済的です。

生活臭やニオイの元となる、アンモニアや酢酸を吸着して分解する特殊な消臭機能を備えているため、生ごみや玄関周りに置いて消臭剤の代わりにも使用できます。

購入後90日間の保証付きで、満足いかない場合は返金対応も可能

安心の日本製マットを使いたい方、消臭効果を求める方にうってつけです。

珪藻土吸水バスマット

厚さ9㎜と薄型ですが、丈夫で軽く収納や持ち運びに便利なバスマットです。

吸収・速乾性に優れ、足をのせた後すぐに余分な水分を吸い取ってくれます。

また、デザインは12種類とバリエーションが豊富。

家の雰囲気に合わせてお好みのデザインを選べます。

薄型のマットを探している方、デザイン性を求める方におすすめです。

ワンスト 楽天市場店
¥2,420 (2022/05/13 07:31時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

珪藻土バスマットに関するよくある質問

ここからは、珪藻土バスマットに関するよくある質問にお答えします。

珪藻土バスマットは虫がわく?

珪藻土バスマットに虫がわく心配はほとんどありません。

特に小さな虫は、湿気のあるジメッとした場所を好みます。

珪藻土バスマットは調湿機能を備えているため、内部に湿気が溜まることなく常に乾いた状態です。

よって、虫がわくことはほとんどありません。

しかし、手入れを怠り調湿機能が低下すると虫がわいてしまうことも考えられます。

パッケージや説明書などに記載してある注意事項を確認し使用方法を守りましょう。

珪藻土バスマットは不衛生?

珪藻土バスマットは洗濯しなくても衛生的です。

雑菌やカビは湿気のある環境で発生します。

珪藻土バスマットは、速乾性に優れ常に乾いた状態なので雑菌やカビの繁殖がしにくく衛生的といえるのです。

ただ、菌は繁殖しにくいですが使い続けるとマット表面に皮脂やほこりなどの汚れが溜まります。

また、長く使うことによって吸水・速乾力も低下。

定期的に拭き上げ、陰干し、やすりがけしましょう。

珪藻土バスマットは敷きっぱなしでも大丈夫?

珪藻土バスマットは、基本的には敷きっぱなしでも大丈夫です。

吸湿・放湿する調湿機能で自然と常に乾いた状態をキープできるので、敷きっぱなしでも菌やカビの心配はありません。

しかし、使用する環境によっては衛生面に影響が出るケースも。

脱衣所の通気性が悪い、使用回数が多い場合はマットの吸湿・放湿力の限度を超え、常に湿った状態となり菌やカビが発生します。

このような使用環境に当てはまる方は、以下のメンテナンスをしましょう。

STEP
軽く水分を含ませたタオルで水拭きする
STEP
立てかけて乾燥させる
STEP
陰干しする(月1回でOK)

まとめ:珪藻土バスマットのデメリットを徹底解説!

今回は珪藻土バスマットのデメリットや購入を後悔しないための質問について解説しました。

珪藻土バスマットのデメリットは次の3点です。

  • 吸水・速乾力がすぐに落ちてしまうことも
  • シミが落ちにくい
  • 選べるデザインが少ない

珪藻土バスマットは吸水・速乾性に優れ衛生的に使用できます。

洗濯不要で、布バスマットを使用するより家事の負担を軽減できるのも魅力的です。

珪藻土バスマットが気になっている方は、この記事を参考にぜひ購入を検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる