MENU

クリステル鍋のデメリットは?買って後悔したくない人に向けて徹底解説!

クリステル鍋のデメリットは?買って後悔したくない人に向けて徹底解説!

クリステル鍋は使いやすいのだろうか?

どのようなデメリットがあるのだろう

クリステル鍋を購入しようか悩んでいる方の中には、このような疑問を浮かべている方もいらっしゃるかもしれません。

クリステル鍋は、アルミをステンレスではさんだ3層構造の厚い底になっている鍋のことです。

「軽い」「収納しやすい」といったメリットがある一方、料理がくっついてしまう・値段が高いといったデメリットもあります。

本記事では、クリステル鍋のデメリットやメリット、おすすめのクリステル鍋を紹介します。

本記事を読むことで、クリステル鍋を買うべきかどうか、買っても後悔しないかがわかるため、ぜひ最後までご覧ください。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

クリステル鍋のデメリット

初めに、クリステル鍋のデメリットを見ていきましょう。

  • クリステル鍋で料理すると材料がくっつく
  • クリステル鍋は市販の鍋に比べて値段が高い

クリステル鍋で料理すると材料がくっつく

クリステル鍋で料理をすると、材料がくっついてしまうことがあります。

煮る前に食材を炒めたり食材に焼き目をつけたりする際、食材が底にくっついてしまったという経験をした方も少なくありません。

ステンレス製のクリステル鍋は、食材が付着しにくいテフロンやフッ素加工などがないのです。

よって食材をくっつかないようにするためには、コツがいります。

最も重要なポイントは、ステンレス鍋自体をしっかり温めることです。

鍋に水を垂らし、コロコロと転がるくらいまで温めてください。

予熱が足りていないと、水を垂らすとすぐ蒸発してしまいます。

時間でいうとおよそ2~4分です。

しっかり温められたら、食材を投入して焼いてください。

クリステル鍋は市販の鍋に比べて値段が高い

他の鍋に比べるとお高めであることも、クリステル鍋のデメリットのひとつです。

他の鍋は、安いもので3,000円ほどで買えることもあります。

少なくとも、1万円あればおつりがくるほどです。

クリステル鍋だと20cm鍋1つで2〜3万円基本的なセットで5万円くらいするものもあります。

どこでどのタイミングで買うかにもよりますが、ちょっと勇気を出さないといけない買い物です。

しかし、コーティングが剥がれ、焦げ目が取れないからと何度も鍋を買い替えることを考えれば、結局は家計を助けることになります。

更に、クリステル鍋は見た目がシンプルでおしゃれです。

使いやすい上におしゃれでかわいいお鍋があれば、それだけでちょっと気分よくキッチンに立てるものです。料理をするのも楽しくなれますし、自分や家族へのちょっと素敵な投資になります。

クリステル鍋のメリット

次に、クリステル鍋の以下3つのメリットを解説していきます。

  • 鍋自体が軽い
  • 料理初心者が使いやすい
  • 取っ手が外れ

鍋自体が軽い

鍋自体が軽いことは、料理をする上で大きなメリットです。

中にたくさん具材を入れて煮込み料理をしても「重くて持ち上げられない」なんてことはありません。

元気なうちはよくても、年を重ねてから重い鍋を使うとなると本当に疲れます

持ち上げることもですが、洗うことも大変です。

また、子供が料理できるぐらいの年齢になって、いざ料理してもらうとなったときにかえって危険です。

鍋自体が重い上に具材を入れて更に重くなると、落としてしまう可能性があります。

鍋自体が軽ければ、女性でも子供でも簡単に扱いやすく、料理の効率も上がります。

料理初心者が使いやすい

クリステル鍋は、料理初心者にとってメリットのある鍋です。

料理がそもそも苦手だったり、あまり経験がなかったりすると、火加減がわからなくて焦がしてしまうこともあります

しかしクリステル鍋は、熱が伝わりやすいアルミの板を保温性が高いステンレスで 挟んでいる構造です。

すぐに鍋の中が高温になって焦げてしまう、なんてことがありません。
あっという間に火が回って焦がすことがないため、料理初心者の人でも使いやすいのです。

取っ手が外れる

クリステルの鍋は取っ手(ハンドル)の付け外しが可能です。

取っ手が外せれば大きな鍋の中に小さな鍋を入れられるため、とてもコンパクトに収納できます。

キッチンは使う道具が多い上に、大きさがあるものもあります。

フライパン1つをとっても、大きめのもの・深さがあるもの・卵焼き用など複数持っている人も少なくありません。

たくさんの物で溢れていると、いざ道具を使いたいと思っても出しにくくストレスになります。

すっきり快適に暮らすには、上手に収納することが大切なポイントです。
クリステル鍋は、収納のしやすさ・暮らしやすさといった点をカバーしています。

おすすめのクリステル鍋2選

クリステル鍋の種類はいろいろあるため、購入しようと思っても迷ってしまいがちです。

一人用のものや大人数に向いているものなどさまざまある中で、筆者がおすすめしたい以下2つのクリステル鍋を紹介します。

  • 一人暮らし向けクリステル鍋「グラフィット 深鍋1418」
  • 定番のクリステル鍋セット「グラフィット スターター1620」

クリステル鍋を一人暮らしの人が買うなら「グラフィット 深鍋1418」

深鍋14cm・深鍋18cm・ハンドルの合計3点セットとなっているクリステル鍋です。

ともにステンレスのふたがついています。

どちらも1~2人分ぐらい作れるため、1人暮らしやご夫婦など少人数のご家庭におすすめです。

1~2人分のおみそ汁にも、お弁当のおかず作りにも便利な鍋となっています。

深鍋18cmには、ローストビーフなど500gの塊肉も入ります。

また、オーブン調理も可能なため、ケーキ型の代わりとして使うことも可能です。

煮たり焼いたり炊いたりなど料理ができるだけでなく、スイーツを作ることもできるなど、万能な鍋です。

定番のクリステル鍋セット「グラフィット スターター1620」

深鍋16cm・深鍋20cm・深鍋20cm用クッキングバスケット・クッキングプレート・ハンドルの5点セットです。

ともにステンレスのふたがついています。

クッキングバスケットは、深鍋20cmと併せて使って麺をゆでたり、蒸し器代わりに使ったりといったことが可能です。

もちろん鍋と重ねてしまえるため、収納スペースを圧迫しません。

深鍋16cmは2合まで、20cmなら4合までならお米も炊けます。

鍋の深さが16cmと20cmと2サイズあるため、2人〜4人分の料理はほとんどまかなえます。ご家族が多い方や、少人数でも量をたくさん食べる方におすすめです。

クリステル鍋に関するよくある質問

FAQ

ここからは、クリステル鍋に関するよくある質問にお答えします。

  • クリステル鍋はコストコで買える?
  • クリステル鍋を安く買う方法は?
  • クリステル鍋はふるさと納税で手に入る?
  • クリステル鍋の寿命はどのくらい?

クリステル鍋はコストコで買える?

2023年1月18日現在、クリステル鍋がコストコで買えるという情報はありません

クリステル鍋は、市販だと主に三越伊勢丹などの百貨店、キッチン用品を販売しているチェリーテラスなどで買えます。

他にも、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でも取り扱いがあるかもしれません。

ネット通販では楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなどです。

ただ市販の場合、店舗によって取り扱っている商品が違います。

店舗によっては売っていない、または売っていても欲しい商品の取り扱いがない可能性も十分にあるので注意が必要です。

クリステル鍋を安く買う方法は?

クリステル鍋を安く買うには、以下のような方法があります。

  • ネット通販サイトを見比べて一番安いところで買う
  • セールや割引のタイミングで買う
  • 並行輸入品を買う

クリステル鍋は、楽天市場やAmazonなどネット通販サイトで売っていますが、たいていショップによって若干価格が違うものです。

その中の最安値の物を選べば、当然安いものが手に入ります。

更に言うと、楽天市場やAmazonなどネット通販サイトではセールを定期的に行っているため、少しでも安くなっているタイミングを狙って買うのもありです。

ただし、クリステルの鍋がセール対象にならない通販サイトやショップもあるため十分確認してください。

クリステル鍋はふるさと納税で手に入る?

クリステル鍋は現在、ふるさと納税では手に入りません

以前は、宮崎県都農町に10万円のふるさと納税で寄付すると、クリステル鍋のスターターセットが返礼品としてもらえました。

還元率は6割近くと大変お得でしたが、平成30年6月30日をもって、総務省の通知に基づき申し込みの受付が終了となってしまったのです。

クリステル鍋以外の鍋を返礼品としている自治体はまだありますが、クリステル鍋は返礼が高いことが予想されます。

復活は難しいかもしれません。

クリステル鍋の寿命はどのくらい?

クリステル鍋の寿命がいつなのかは具体的にいわれていませんが、鍋本体の保証は10年となっています。

毎日使用した場合、フッ素樹脂加工の鍋だとおよそ1年、ダイヤモンド加工の鍋はおよそ2~3年が寿命の目安となっています。他の鍋に比べると、クリステル鍋は長く愛用できる鍋です。

まとめ:クリステル鍋のデメリットを徹底解説!

改めて、クリステル鍋のデメリットをおさらいします。

  • クリステル鍋で料理すると材料がくっつく
  • クリステル鍋は市販の鍋に比べて値段が高い

クリステル鍋は、テフロンやフッ素加工などのように食材がくっつきにくい加工をしていないため、材料がくっつきやすいです。

また、クリステル鍋はお値段も高く、なかなか手の届きにくいところにあります。

材料がくっついてしまうことに対する対策としては、とにかくクリステル鍋をしっかり温めることです。

垂らした水がコロコロと転がるくらいまで温めてください。

鍋が温まるまで少し時間はかかりますが、温まるまでの間に具材を切ったり洗い物をしたりなど他の家事ができます。

値段に関しては、ネット通販でできるだけ最安値のものを探して購入してください。

ただあまりにも安すぎるものは、何かしら欠陥があるかもしれません。

口コミや販売しているお店のホームページを見るなどして、購入してもいいか見極めてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次