MENU

ベストポットのデメリットは?二度と買ってはいけないと後悔したくない人に向けて徹底解説!

ベストポットのデメリットは?二度と買ってはいけないと後悔したくない人に向けて徹底解説!

※本記事にはプロモーションが含まれています。

ベストポットでご飯がおいしくなるって本当?

ベストポットがほしいけど、実際のところどうなの?

デメリットまで知ってから、買うか考えたい!

こんなお悩みに答えていきます。

鋳物と土鍋を組み合わせて蓄熱調理と無水調理ができるベストポット。

一度沸騰すれば、火からおろしても保温機能が優れているため数時間経過している料理でもおいしく食べられます。

ここまで保温性が高い商品を作れるのは、航空宇宙産業の部品を1000/1で切削する技術を持っている中村製作所が製造しているからです。

またフタは鋳物で作られていて、凸凹しています。

実は料理が美味しく作れる秘密の1つは、このフィボナッチ数列の凸凹に隠されていたのです。

そんなベストポットですが、もちろんいいことばかりではありません。

この記事では、買う前に知っておきたいメリットやデメリット、よくある質問にお答えしていきます。

タップできる目次
なるほどデメリット
デメリットを知って納得できる買いものを
「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方のために作られています。

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
当メディアは国民生活センター/消費者庁/厚生労働省を参考に記事を作成し、最新情報と記事の正確性を検証しています。

ベストポットのデメリット

はじめに、ベストポットのデメリットを挙げています。

デメリットはこちらです。

  • 鍋が汚れやすい
  • かわいいデザインと違って重たい
  • 鍋のなかでも値段が高い
  • 最初に目止めをするのが面倒くさい

1つずつ詳しく解説します。

鍋が汚れやすい

ベストポットは吹きこぼれにより、鍋を汚してしまう人が多いです。

スープやカレーなどを煮込み始めてから数分、グツグツと沸騰してきます。

そのときの吹きこぼれで鍋が汚れてしまうことがあります。

ベストポットは豊富なカラーバリエーションが用意されているのですが、薄い色を使っている方は、特に汚れが目立ってしまうので気を付けてください。

フタと鍋の間からグツグツと泡が出てきたら吹きこぼれないように火を止めます

万が一、吹きこぼれの汚れが気になる方は、焼き直しサービスがあるので活用してみてください。

焼き直しサービスは1回1,000円でキレイにリペア(焼き直し)してくれるサービスです。

参考元:https://www.bestpot.jp/howtouse

やはり汚さずに調理するのは難しいです。なるべくキレイに使おうとしても、どうしても汚れてしまうときがきます。

そこで、黒やアッシュグレーなどの濃いカラーを購入すると、汚れを目立たなくすることもできるので色選びの工夫をしてみてください。

見た目とちがって重たい

シンプルでおしゃれなデザインからは想像できない重量感があります。

料理や家族構成に合わせてさまざまなサイズがラインナップされています。

ベストポットの重さの秘密は、鋳物で作られたフタが要因です。家での調理だと重さは影響してきません。

みんなと一緒に外でキャンプやバーベキューなどをやるときは、ちょっとした重さが持ち運びに影響してきます

特に家族が多い場合、大きめのベストポットを用意が必要なことも。

例えば、直径25㎝の3.4L用の重量はフタ2.2㎏、鍋3.5㎏もあり合計が5.7㎏にもなります。

購入するときは念のため、重量まで確認しておくことをおすすめします。

鍋のなかでも値段が高い

https://twitter.com/polopolopolon/status/1429295289219698688?s=20

どこにでも売っている鍋に比べてベストポットの値段は、気軽に購入できる金額ではないかもしれません。

なぜなら日本の伝統工芸品であり、職人の想いと技術が詰まっているからこそ、高価な値段が付いているといえます。

「高いだけで他の鍋と変わらないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、ミシュランの名店でも採用されているので実力は間違いないです。

食材や味に拘るプロが認めているベストポット。お客様に満足してもらえているだけあり高価なのは仕方がありません。

その分、素材を活かしたおいしい料理が食べられます。

最初に目止めをするのが面倒くさい

土鍋のような土物(つちもの)は最初に目止めをしなくてはいけません

目止めとは…

お米のとぎ汁など、デンプン質の液体に器を浸け置き、器全体をデンプン質でコーティングすることを 「目止め」 と言います。
お料理などによる、水分 (煮汁) や油分の染み込み原因となる、陶器表面の微細な貫入やピンホールをふさぐ役割を、このデンプン質が担ってくれます。 

引用:RYKYUMINGEICENTER

目止めをすることで商品を長い期間使えるようになります。

目止めは、土鍋のような土物の器を使う前に、ひび割れや臭いが移るのを防ぐ効果があります。

見た目では分かりにくいですが、ベストポットには小さな穴が無数に空いています。

この穴をふさいでいくのが目止めです。

何度も使っていると、鍋の中で弱くなってくる部分がでてきます。

穴をふさがずにいると弱くなった部分から亀裂が入ってしまったり、臭いが目に入り込んだりします。

面倒臭いかもしれませんが、長く大切に使うためにも、一番最初は目止めをしっかり行うことをおすすめします。

ベストポットのメリット

次に、ベストポットのメリットを見ていきます。

メリットはこちらです。

  • 炊きたてのお米がおいしく食べられる
  • ガス代が節約できる
  • デザインと機能性の二刀流を持っている
  • ミシュランガイドのお店でも使っている
  • IHにも対応している
  • 時間を短縮できる

それぞれ解説します。

炊きたてのお米がおいしく食べられる

https://twitter.com/reika_hime7000/status/1283891583805349889

ふっくらもっちりした食感と甘味と香りが楽しめるお米を食べられる土鍋ごはん。

お米がおいしく炊けるという口コミが非常に多いです。普段は炊飯器を使ってお米を炊いている方が多いのではないでしょうか。

お米が美味しく炊ける秘訣は、フタと鍋の間に隙間がないため、お米のうま味を逃がさず鍋の中にぎゅっと閉じ込めるからです。

ゆっくり温められた鍋では、お米の甘味が分解されます。

縦長形状によって熱が対流しお米一粒一粒にしっかりと熱と水分が入り込み、米が立つようにふっくら炊き上げます。

2合を炊く場合、10分程度で沸騰して20分蒸らすだけでおいしいごはんが食べられます。

ガス代が節約できる

煮込み料理では、熱を逃がさず保持する蓄熱の特徴を活かしてガス代の節約ができます。

鋳物の重たいフタが上から圧力をかけることで、鍋との隙間をなくして密閉度を高くしているからです。

例えばお米の場合だと普通鍋は20分間火にかけますが、ベストポットでは半分の10分間だけで済んでしまいます。

よく煮込まなくてはいけない豚の角煮でさえ普通鍋だと90分間必要としますが、ベストポットなら56%削減の40分間で大丈夫です。

毎日忙しい方でも、時間とガスを削減できて一石二鳥で料理ができます。

また、ベストポットは調理後に火からおろしても、数時間は温度を保てます。

遠赤外線放射率が高い蓄熱性能を持っているため、家族の帰りにびったり合わせなくても大丈夫です。

例えばスープの場合、火からおろして3時間経っても60℃という高い温度を保っています。

参考元:蓄熱調理ができる土鍋 | bestpot(ベストポット)

万が一、料理ができあがった後に出かけてしまっても、ベストポットなら十分温度を保てています。

デザインと機能性の二刀流を持っている

ベストポットは見て楽しいデザイン性、使って嬉しい機能性を持ち合わせている鍋です。

道具は料理を楽しむうえでとても大事になります。

ベストポットはシンプルな形をしているため、飽きにくく長く使えるデザインです。

カラーバリエーションも豊富に取り揃えていて、かわいいパステルカラーだったり落ち着いたダークカラーだったりと好みの色から選ぶことができます。

また、機能性においては蓄熱調理無水調理が可能です。

高度な切削技術を持っているからフタと鍋に隙間を作らない構造が成せています。

中の熱を逃がさず、食材のうま味や栄養素を閉じ込める方法で無水調理が作れます。

鍋の内部には阿蘇山の火山灰を使用しており、含まれている鉄分遠赤外線放射率を高く保っています。

それだけではなく、特殊な羽釜形状から温められた料理の熱を保持できる設計を可能にしています。

出来た料理をべストポットのまま食卓に出せば温かいまま食べられ、キッチンのスペースを空けることができるので、他の料理の邪魔になりません。

ミシュランガイドのお店でも使っている

https://twitter.com/yamazoe_t/status/1319444580333359104

テレビやSNSで話題のベストポットは、ミシュランガイドのお店でも使われているほど信頼できる鍋です。

ベストポットを使っているお店は、日本料理「分とく山」。お店ならではの炊き方でお客様へおいしいお米を提供しています。

阿南料理長も炊きたてのお米のおいしさに大満足している様子がYouTubeにもあがっています。

沸騰後、蓄熱調理でしっかり蒸らしたお米は、一粒一粒が立ち上がり口の中でほぐれるため甘みとうま味が広がるのです。

こんな素敵なベストポットが、三重県木曽岬町ふるさと納税の返礼品として取り扱っているので、ぜひふるさと納税を活用してみてください。

IHにも対応している

ガスコンロだけでなく、IHキッチンにも対応しているのが嬉しいポイント。IH対応のベストポットは大きさや色がガス対応ほど選べる数はありません。

色は3種類(ホワイト・ブラック・インディゴブルー)で、大きさは全て直径20㎝タイプです。

鍋底には特殊技術によって作られたカーボンプレートが取り付けられ、側面にはステンレスカバーを備えたことでIH対応の蓄熱調理を可能にしています。

使用方法はガスと同じで、最初に数分ヒーターに当てます。沸騰したらヒーターをOFFにして、あとは蓄熱させることでおいしい料理の出来上がりです。

時間を短縮できる

仕事から帰ってきてお米を炊いたり、スープを作ったりするのは大変ですが、ベストポットなら時間を短縮して料理が作れます。

ベストポットは火にかける時間が普通鍋と比較して半分で済みます。

そのため、ガスコンロやIHヒーターのスペースが一つ空くので、半分の時間で違う料理に取り掛かることができます。

火の調整をするのに中の確認をしたりする手間も減らすことができるため、全体的に料理の時間短縮につながり、その分早く食事ができます。

ベストポットとバーミキュラの違い

ベストポットの購入を検討されている方は、バーミキュラも気になっているのではないでしょうか。

2つの製品は非常に似ている特徴があります。

ここでは、ベストポットとバーミキュラの違いについて解説しています。

ベストポットバーミキュラ
材質鋳物(フタ)、土鍋(本体)ホーロー製(フタの一部は鉄製)
得意蓄熱調理・無水調理無水調理
切削技術1000分の1100分の1
対応熱源ガス・IHガス・IH
メリット蓄熱調理カドミウム不使用
デメリット目止め作業フタは洗ったあとに拭いておかないとサビる
引用元:https://www.bestpot.jp/
https://www.vermicular.jp/

比較表から分かるように、ベストポットもバーミキュラも無水調理が得意な商品です。

切削技術も高く、対応熱源もガスやIHと非常に似ている特徴を持っています。

どちらの製品も高い技術を持って接合部分を削り出しフタと鍋に隙間ができないように作られています。

より緻密に削っているのはベストポットですが、バーミキュラも100分の1の高精度で密閉度を高めているのが分かります。

両製品は調理のときに出る蒸気を外に逃がさず、食材本来のうま味や素材を活かす調理法は同じです。

2つの製品が唯一違うところは材質です。

ベストポットは三重県の伝統工芸である萬古焼で作っているので基本は土が材質です。

一方でバーミキュラはホーローで作られているところです。

ベストポットは阿蘇山の火山灰の鉄を含む鍋の特徴を活かして蓄熱調理を得意としています。

また、バーミキュラはホーローで作られているので臭い移りがしにくいメリットがあります。

ベストポットに関するよくある質問

FAQ

次に、ベストポットに関するよくある質問にお答えします。

ベストポットが割れるのはどんなケース?

ベストポットは次のような条件のときに割れやすいです。

  • ぬれた状態で火にかける
  • 熱い鍋を急冷する
  • 目止めをしないで使う
  • 食洗機に入れる
  • 落としてしまう

使用する際は十分に注意して取り扱ってください。

ベストポットのオススメ販売店は?ふるさと納税で買うのがお得?

ベストポットを買うならMOLATURA公式ページからの購入をオススメします。

MOLATURA公式ページはこちら

メーカーから直接買えば、購入履歴が残るので何か困ったときのお問い合わせに便利です。

初めてベストポットを使う方は分からないこともあると思います。

メーカーの販売サイトから購入した履歴が残っていれば親身になって対応してくれます。

またアマゾンや楽天、ヤフーからも購入は可能です。

ふるさと納税でベストポットを購入することもできます。

ふるさと納税には本人が寄付できる限度額があります。楽天ふるさと納税の公式ページでは簡単に限度額を調べられます。

ふるさと納税 はじめての方へ

ベストポットのオススメのサイズ・重さは?

ベストポットを購入するときは、家族構成に合わせてサイズを選ぶことをオススメします。

4人家族の場合

例えば、4人家族の場合はベストポットの20cmまたは25cmサイズが適切な大きさです。

選ぶ目安として20cmサイズは2~3合のお米を炊くのに適していて、25cmサイズは6~7合を炊くことができます。

食べ盛りのお子さんがいる家族には25cmサイズでボリュームたっぷりの料理を作ってあげられます。

重さはフタ2.2kg、鍋3.5kgの合計5.7kgです。

1人暮らしの場合

1人暮らしの方には16㎝のサイズがオススメです。

お米は1.5~2合を炊くのに適しています。

重さはフタ1kg、鍋1.1kgの合計2.1kgです。

スープや煮物の一品料理も適量で作れますので、ぜひ試してみてください。

ベストポットの使い方は?

最後にベストポットの使い方を簡単に解説します。

引用元:https://youtu.be/_DAkepGRRAk

●ベストポットの洗い方

1.熱い鍋は冷めるまで待つ

2.冷めた鍋をスポンジで優しく丁寧に洗う

※クレンザーや金属タワシのような固いもので洗わないでください。

3..食器用洗剤を使う場合は、少量でサッと洗い流す

※洗剤を付けこまない

●ベストポットの乾かし方

1.洗い終わった鍋を乾いた布巾で全体的に丁寧に拭き取る

2.吹き終わったら逆さにして風通しの良い場所で乾燥させる

※表面が乾いていても内側が濡れている場合があるので注意

3.長期間使用しない場合は湿気の少ない場所で保管する

※乾燥材をうまく使う

●ベストポットについたにおいの取り方

1.においがついた鍋7分目まで水をはる

2.大さじ1程度のお茶殻をいれる

※使用済みのお茶殻でも大丈夫

3.フタをせず弱火で沸騰するまでじっくり煮る

4.沸騰後、冷めるのを待ち水で洗い流す

●ベストポットのカビを殺菌する方法

1.表面についたカビを水で洗い流す

2.風通しの良い場所でしっかり乾燥させる

3.乾燥後、7分目くらいまで水をはる

4.お酢やクエン酸を大さじ3杯ほど鍋に入れる

5.フタをせず弱火で沸騰するまでじっくり煮る

6.沸騰後、冷めるのを待ち水で洗い流す

まとめ:ベストポットのデメリットを徹底解説!

この記事では、ベストポットのメリットやデメリット、よくある質問にお答えしました。

ベストポットのデメリットはこちらです。

  • 鍋が汚れやすい
  • かわいいデザインと違って重たい
  • 鍋のなかでも値段が高い
  • 最初に目止めをするのが面倒くさい

蓄熱調理無水調理で食材本来のうま味素材を活かすことができるベストポット。

時短ガス代節約や食材からでる水分を使うことでハイブリット鍋として大人気です。

その秘密は本業の航空宇宙産業の部品加工があるからできるのです。フタと鍋の接合部分を削り完璧な密閉を作ります。

作っても楽しい、デザインもおしゃれなベストポットがあれば、日々の食生活に変化が生まれます。

ぜひ一度、ベストポットでの調理を検討してみてください。

該当商品やサービスの口コミは「口コミ投稿フォーム」にてお聞かせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「なるほどデメリット」は、デメリットのまとめサイトです。メリットだけでなくデメリットも理解した上でお買いもの・サービスを利用したい方向けに発信しています。

コメント

コメントする

タップできる目次